地平線と山が重なりあう日

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


遊びつかれた朝に

b0209827_1011191.jpg

2011年3月11日の震災の前、ビデオくんこと、VIDEOTAPEMUSICが吉祥寺のon goingというギャラリーで展示をするということがあり、ホライズンは、アフターパーティーに呼ばれ、特別へんてこ編成(ギャラリー仕様)で、ビデオくんと映像(アニメ)と音楽を一緒にやるという話で準備を進めていた。この時も、前日までギリギリになって、絵を描いたり、ビデオくんと僕で、「ああでもないこうでもない」と映像をつくっていた。11日の日にも最後の打ち合わせで、やること、やらなければいけないこと、用意する素材なんかを頭に浮かべながら、伴瀬と、ビデオくんと、僕で夜に会うことにしていた。ちょうど、そのとき、僕は、ビデオくんと「期待」の映像の編集なんかを一緒に何日かに分けてやっていたものだから、on goingで一緒にやる運びになったんだと記憶している。

その5日くらい前に、オープニングイベントがあり、あだち麗三郎と、アルフレッドビーチサンダルが歌っていたのを覚えている。僕は、そのオープニングイベントに顔を出させてもらった。イベントがはじまるの2時間前だっただろう、吉祥寺あたりを、ぐるぐる酒を呑みながら歩いていたら、近くの駐車場に、移動可能な車輪のような家と、ソーラーの力で最小限の電気をつくることができるモバイルハウスという簡素な乗り物のような家の中で、酒を呑んでいる人を見かけた。隣にいた友人が「この人は、坂口恭平さん、今度、本を出す予定なの。」と教えてくれた。僕は、硬い握手をして、「若者かな?」と思った。同じ年だった。その時、モバイルハウスの中にいた4人のうちの一人は磯辺凉だった。少し自己紹介など、話をして、ongoingに戻り、ビーチサンダルを聞いた。あだちくんと「富士山」を歌った。

11日。僕は、仕事をしていた。もう少しで仕事が終わるという時に、大きな地震があった。「あーわーわー」とかみんな言っている最中に、僕はささっと建物の外に出て、揺れを確認しにいった。というのは、嘘で、自分だけ助かろうとしていた。建物が崩れる気がしたからだ。しかし、崩れなかった。一緒に外に出ていたほんの数名と、「へへへ」みたいな笑い顔(お前、自分だけ助かろうと思ったろ、、と無言で言いあいながら)で建物に戻った。仕事場に戻り、テレビをつけたら、とんでもない有り様の映像が、続いていた。交通機関はストップした。ビデオくんに電話をかけた。電話が繋がらなかった。メールを出した。「今日は、仕事がすんなり終わらなそうです。終わり次第、すぐにかけつけます」とだけ送った。結局交通機関はマヒして、ただ事ではない雰囲気に包まれていた。ようやくビデオくんと繋がった。「明日のイベントは、主催者側から、キャンセルになりました、、、とありました。明日への準備は、しなくても良いことになりました。とりあえず家に帰って、様子を見てみましょう。」のようなやりとりをした。そして一緒に出ることになっていた、一度も会ったことのない小田島等さんとも、電話か、メールでやり取りをしていた。小田島さんから「こういうことで、イベントがなくなるのは遺憾。こういう時こそ、やらなきゃいけない。こういうことに屈してはいけない。」というやり取りをした。僕は小田島さんすごいなと思った。表現に生きる人なんやな、、と思った。まだいろんな事実が明らかになる前だった。とはいえ、壮絶な映像がテレビでは流れていた。11日の震災当日は、結局、(交通網がなくなっていたため)深夜に帰宅し、翌日のイベントのために、一日開けていた12日も、何もすることなくテレビを見ていた。

震災があって、その後いろんなことを考えたけど、ぼくはよくわからなかった。何を言えばいいのか、そこから乖離するのか、、、とか考えたけど、よくない方向に行きそうな気がした。結局「わからない」ですませる態度に出た。腹の中では考えながら、時折、信頼できる人に意見を聞いた。今はなき今井次郎さんにも「震災と、原発についてどういう風にお考えですか?」と聞いたのを思い出した。ほぼお客さんがいない円盤で2人でずっと話していたのを今、ふっと思い出した。今井次郎さん元気だろうか?

その後、坂口恭平さんが「独立国家のつくり方」という本のオープニングパーティーが六本木であったので行ってみた。九龍ジョーが司会をしていて、磯部凉がいた。僕は、大橋裕之さんと、ぶつくさぶつくさ「こういうクラブとか、オールナイトとか、いらっしゃりますか?ぼくどうやってとけ込んでいけばいいかわからないんですよね」と田舎から出てきた人のように話していた。大きなエピソードがあり、僕は、大橋さんと、小さな意気投合をして、話していた。

九龍ジョーと磯辺凉の対談形式の本「遊びつかれた朝に」が出た。。一気に読み終わった。僕が思い出したのは、先に書いたビデオくんと、震災前にやろうとしていたイベントのことだった。多分、いろいろそんな人たちが出てきたからだと思うが。先日、本の出版記念トークショーがあったので、九龍ジョーと磯辺凉に会いに行ってきた。トークショーは「とっちらかっていたでしょ」という意見もあったが、それ以上に、ひとつひとつのエピソードや街にかかわる話がとても面白かった。イメージが膨らんだ。その夜、僕は、新宿に一緒に連れて行ってもらい、新宿で紹興酒を延々と飲んだ。北沢夏音さん、前野健太さん、そこにいた人たちと、なんやかんや話した。いろいろ刺激を受けた。僕は、終電で帰ったのだが、多分の人たち、大方、朝まで飲んでいたんだろうなと思った。ああ。地で朝まで、新宿を練り歩く(かどうかはわかりませんが)2人をみて素晴らしいなと思った。街に住んでいる人だと思った。(ま、本当に勝手に思っただけで、そうではないと思うが)。

b0209827_2385644.jpg



そんなことを考えながら、今、VIDEOTAPEMUSICを聴いている。あだくろも聴いている。あだくろ、オラリーなんかを交えてやったコーラスグループバージョン、面白いなと思いました。

あと、個人的な告知を少しさせていただきます。

●6月18日「新曲の部屋」6曲目
http://newsongroom.tumblr.com/post/83989220952/6
新曲の部屋も、折り返し地点まできました。6月は、尊敬するアチコさんです。いろいろ話もたのしみです。チケットも残りわずかに、少なくなってきております。予約よろしくお願いいたします。

6月21日「紙コップス2ndCD-R『紙コップス2』レコ発」
@鶴舞KDハポン
ジェット達/黒岡オーケストラ(黒岡まさひろfromホライズン山下宅配便×名古屋学芸大学ブラスバンド部)/紙コップス
18:00/19:00 予約当日¥2,000 (D別)
紙コップスに華を。ということで、僕黒岡が、オーケストラ編成で10人くらいでやります。どうぞお楽しみに。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-06-11 23:07 | くろおか

山下一郎映像2本//TOKYO ACOUSTIC SESSION映像1本

「少年の堕落」告知用映像


小映画「ザ デッド」


ホライズン山下宅配便「ハコビヤ」 / TOKYO ACOUSTIC SESSION

[PR]

by horaizunyt2 | 2014-06-06 14:56 | ホライズンの話

やるっきゃ騎士(ないと)

バウスシアターという素晴らしい場所。映画館でのライブ、場所も音響も映像も、すべてにおいて、一級品でした。非常にわくわくしました。場所の力というものは、とてもあります。生半可なことできないなという気持ちになります。バウスシアターが諸事情でなくなってしまうということに関しては、僕自身、感情論でしか語れませんので、書いてもしょうもないですが、僕らが花を添えれるなら、全力で体当たりするしかないと思って、準備してきました。ここが、これこれ、大変だったとかではなく、こういう準備はとても好きなのです。なにができるか、いや、何がやりたいかという気持ちだけで、つっぱしってきました。やればやるほど、どこを目標点におけばよいか、見えてくる。じわじわ見えてきて、目標点までの距離が見える。その距離の遠さをじわじわ少しずつ縮めるしか、ぼくには、できなくて、少しでも、そこの場所に行こうと、試行錯誤するのでありました。それが、しょうもないことでも、レベルが低くても、今できることをやるしかないと思って、到達点が見えたら、なるべく近くに行けるように、思考を重ねていくしかありません。「このへんでいっか」と思っても、「やるなら今しかねえ」という西新宿の親父の言葉を胸に、今できることを、全力で取り組むしかないと思い、後悔したくない想いで走りました。

今回は、映像をとりこんで、「少年の堕落」をやろうというコンセプトで、メンバーと決めてかかりました。「少年の堕落」の組曲(全11曲)に関しては、4年ぶりなので、音の方は完成するまで時間かかるかな?どうかなと思って、スタジオに練習で入ったのですが、4時間で、ほぼ完璧に仕上がりました。かなり久々にやる曲でも、ホライズンのメンバーは、あるレベルまですぐに到達します。彼らの指や腕が覚えているんだと思います。4年前よりも、全然音的に豊満になっていますし、「あ。知らぬ間に成長してるんだ」と強く思いました。(多分僕よりも、メンバーの方がその到達地点は高いと思いますが)ということで、音に関しては、微調整と、フィーリングのようなグルーブを、もうちょっと高めて行けば間にあうことは確定していました。そこは心配してませんでした。
問題は、映像です。映像は、僕が勝手に画を頭に描いて、脚本めいたものをつくって、2日間、少年(つかさ)と一緒に撮りにいきました。こういう撮影の場合は、その場の雰囲気と瞬発力で、うまくいけないので、しっかりした欲しい画を求めていかねば、時間の無駄になってしまいます。(もちろんうまくいくこともありますが稀です)イメージを持って臨まなければ、撮れません。中途半端な素材だけ集まってしまいます。とにかく、お願いする人たちに、お願いして(出演してくださった方々、本当にありがとうございました)、会う時間だけ決めて撮影に入りました。順調に撮れたような気にもなりましたが、嫌な予感もしていました。(これ、大丈夫だろうか、、)という気持ちです。(いや、大丈夫だ)という気持ちで、一度、荒い編集でメンバーに見せました。ホライズンのメンバーからかなり手痛いコメントをいただきました。叩きつぶされました。多分僕が思っていることが(映像の力の弱さや、視点のまだ確定していない部分も弱かったのだと思います)レベルが低くて、メンバーには、幼稚なことにうつったんだと思います。準備も全然できていないまま映像と音楽のスタジオでした。僕も逆の立場であれば、かなり酷いことを言ったと思います。「全然だめじゃん」「効果的ではない」と罵ったと思います。とはいえ、そこで冷静になり、いろいろ抜け道を考えました。そこで、今回映像を担当してくださった代田くんと、どうにかこうにか抜け道を一緒に探すことにしました。まずは、いったんメンバーから言ってもらったたことを、並べて、それでも僕のやりたいこと、ぼくの見せたいことを整理していきました。僕よりも多分映像に長けている代田くんにもアドバイスをもらったり技術的にできること、できないこと、厳しいこと、準備しなかればいけないことを、いろんな天秤にかけて、できるところまでブラッシュアップしていきました。やること、吟味することは山ほどありました。
メンバーでの会議で、「映像はもう、なくて良いんじゃないか?」という案が出ました。冷や汗が出ました。帰って冷や冷やしながらパソコンに向かいました。とにかく向かいました。夜、作業中に親愛なる人から「え。ライブ中全部映像流すの?」「絶対やめた方が良い」「どっちを見ていいかわからないじゃない」「やめれば」という指摘を受けました。それでも俺は意地になって、それでも俺は意地になって、向井秀徳の気持ちでやりました。映像をやめることもできましたが、そうではない出口を探しました。もちろんその選択も可能でした。でも小さな小さな穴を見つけようとしました。とにかく出口を探しました。そこから代田くんと頑張りました。「少年の堕落」は最後の最後まで代田くんとブラッシュアップだけしました。代田くんも意地になってやってくれました。とてもクールにスマートに。本当に感謝しています。

「少年の堕落」の映像がしょぼいのでは、ということで、ホライズンのメンバーであれこれ話をして、3部作にすると面白いんじゃないか?というアイデアがどこからともなく降ってきました。第一部「少年の堕落」第2部「映像」(映画館だから)第3部「普通のライブ」という3部作にしようということに決まりました。そこで、映像をある素材でつくりました。カメラは一尊が回してくれました。これは代田くんに借りてきたカメラのおかげと、代田くんが仕事が1時間長引いて、井の頭公園で、ホライズンメンバーでぼけーとしていたのが、映像を回すきっかけになりました。これをつかって、ぼくはゾンビ映画を作ろうとおもいました。つくりたい、バウスで流したい!とメンバーに伝えたところ、メンバーから大不評でした。「絶対おもしろくなるはずがない。」と言われました。しかし、僕のエゴを押し切って「面白くなるかどうかわからないけど、やろうよ!やりたい!」とやらせてもらうことになりました。そこで、最初、編集を代田くんに、裸のまま投げたのですが翌日代田くんからメールがありました。「これ、なんすか?どうすればいいっすか?」と言われました。何も指示しないで、「なんかつくって〜」と投げた僕に責任がありました。代田くん的には、「どういう風にすればいいか、言ってくれればやりますよ」って感じだったんですけど、これ以上代田くんに無茶苦茶なスケジュールでやってもらうのは、今後の関係にヒビが入ってしまう、、と思いました。、「あ。」「これは、僕がやるしかない」と思いました。ということで僕が編集することにしました。編集をしようとしていた日、厚海義郎さんから電話がありました。僕が貸していた自転車を返しに来るということでした。「今日はいるからいいよー」と言うと、彼は、自転車でお土産をたんまり持って、僕の家に晩ご飯の時間にやってきました。一緒に食べて、お土産のビールを飲んだりいろいろ話したかったのですが、僕も編集作業をしなければいけませんでしたし、厚海さんも、翌日ceroのタイコクラブ出演で朝早いので泊まることはできないと言われました。返しにきた自転車に乗って、厚海さんは、「また返しにきます」と帰っていきました。帰る前に、5分だけ時間をくれとお願いして、声をいろいろ録音しました。あまりにも声が良かったので、その素材を使うことにしました。ということで、小映画「ザ デッド」は完成しました。翌日恐る恐る代田くんに映像を見てもらいました。「面白かったっす」と言ってくれました。そこで少しほっとしました。そこから代田くんと、「少年の堕落」の映像を、2人で頑張りました。レッドブルとモンスターにはお世話になりました。ある日を境に、行ける確信が持てました。これは良いんじゃないかと2人で興奮しました。それから、細かい作業を代田くんがしてくださったと思います。僕は、ほぼアイデアを言うだけなので、代田くんには感謝です。ライブ当日、ホライズンのメンバーでスタジオに入り、音を再確認しました。最高に格好良かったです。バウスに行き、代田くんに会いました。彼の顔は自信にあふれていました。準備することはしてきた顔をしていました。「男だな」と思いました。彼の顔を見た瞬間「うまくいくかもしれない」と思いました。そしてライブまで駆け抜けました。


僕。間違えたって指摘されて、びびってやめちゃダメだと思います。なんなら間違えてもいいと思います。本当は間違えたくないけど、いろんな人に止められても、それを納得させるレベルのものを出すということが僕の使命なんです。多分ホライズンメンバーは、長年の付き合いなので、嫌々、飽き飽きしていると思いますし、「こいつ、、、(黒岡、、、)」と思われてると思うんですけど、本当によく一緒にやってくれてます。僕は、それを越えるイメージと努力でしか乗り越えられません。歌は一向にうまくならないんで、それを乗り越える精神力でしか、僕にできることはありません。そして、ホライズンでいる時は、メンバーを笑わすことが、僕の合格点が出るかどうかなんです。それでお客さんが楽しんで何かを持ち帰ってもらえれば、、、なんて思っています。そんなことじゃ、売れないですね。いや、売れるとか、、売れないとか、、ああ。売れたいな。、、、、と、少し傲慢なことをかきました。お客さんのことは、、、、考えてますよ。(言い訳みたいだからやめよう)、、ほんと、今できることしかできないけど、命を燃やしたいんです。(でも、睡眠欲に負けること、多々あります)だっていつ死ぬかわからないでしょ。僕たちも。
とにかくバウスシアターでやるということが、一層私を奮い立たせたわけであります。ああ。次のライブもありますので、、あ。いろんな人ありがとう。ございます。また懲りなくライブやりますので、。ほんと。

b0209827_10433086.jpg

b0209827_10453730.jpg

b0209827_10454761.jpg

上記写真撮影 もじゃ公ことよこちゃん
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-06-04 10:42 | ライブ後日談