地平線と山が重なりあう日

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


新曲の部屋5曲目、6曲目、7曲目のお知らせ

b0209827_16582887.jpg

おはようございます。10日ほど前の早朝6時20分に携帯にメールが送られてきました。早朝、深夜、メールが入ってくることは、さほど珍しくないので、「なんやろ?」と思ったのですが、そのメールは差出人も不明でした(登録されておらず)。しかも、英語で書いてありました。バンドメンバーから来る冗談には高度すぎるし、わけがわからない。わたしも、義務教育をはたしてきた人間の端くれでありますので、英語はなんとなく読めると思い込みちょっと解読しようと思いました。そして、さっと(2秒くらい)読んでみた結果、その文章には、きっとこんな内容が書いてあると理解しました。
b0209827_16504422.jpg


Hi!ハロー!親愛なるby for now黒岡さん野郎。いかがお過ごしでしょうか?あなたと一緒にドキュメントやりたいよ。ぼくは。ご一緒にコンポーズする運びになったことを喜び、楽しみにしています。ですので、いまからイマジネーションたる由縁のもの集めては、所有することを一生懸命にして、時間を過ごすことを、コンポーズしています。今から、だから、僕たちは友達だな。もし、ぼくにアドインしてくれるなら、メールをヘンシンてくれるなら、もっと、さらにの仲になれるとは思わないか?バット ノッシング BY FOR NOW。
(邦訳 黒岡まさひろ)


あ。これは5月に「新曲の部屋」でご一緒するDaniel Kwonからメールが届いたんだと、勝手に思ったわけです。それにしても、僕のメールアドレスを誰か知人に聞いて、「よろしくお願いします」と来るなんて、律儀な外国人だなと思いました。しかし僕の英語の読解力少ないなと反省しつつ、5月のダニエルは、紳士的な外国人であるに違いないと、感度の良い私は、その時、思ったわけであります。そこで私も、「ナイス トゥー ミーチュー。こちらこそ、よろしくお願いします。私も楽しみにしています」と英語で返信しようと試みてみました。とはいえ、ちゃんと文章を練り上げてから返信しようと思っていたのもあって、すっかり忘れて時間がたってしまいました。ま。結果放っておいてしまったことになってしまったわけでありまして。
数日して、「新曲の部屋」を一緒にクリエイトしている仲原達彦に「ダニエルから、こんな律儀な文章が来た」とメールを送ったら、「完全にスパムですね」と来た。あ。そうなのね。と思いました。

ということで「新曲の部屋」3ヶ月連続で告知します。4月までもそうですが、豪華メンツです。売切もございますので、ご予約をおすすめいたします。

2014年5月7日(水)ゲスト Daniel Kwon
2014年6月17日(水)ゲスト アチコ(Ropes)
2014年7月23日(水)ゲスト 川辺素(ミツメ)

5月〜7月公演
会場19:30 開演20:00(会場/開演時間が4月までより30分繰り上がりました)
場所 roji(阿佐ヶ谷)
司会 仲原達彦
料金 1500円+drink
予約 お手数ですが下記urlよりお願いします→
http://newsongroom.tumblr.com/
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-28 16:58 | くろおか

ありがとうございます。

石黒さんが文章を書いてくださりました。読み応えあります。15,000字。ありがとうございます。

「ホライズン山下宅配便「ホランソロジー」から聴こえてくる、水平線の“向こう”と“こちら”のサウンド」

http://asianplasticparty.com/blog/?p=5067
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-24 11:42 | くろおか

おおまかな春

b0209827_1316975.jpg
b0209827_1316272.jpg
b0209827_13155430.jpg
b0209827_13154637.jpg
b0209827_13154174.jpg
b0209827_1315357.jpg
b0209827_1315272.jpg
b0209827_1315211.jpg
b0209827_13151333.jpg
b0209827_1315422.jpg
b0209827_13145744.jpg
b0209827_13145035.jpg


楽しい名古屋(5日)、神戸(6日)もおわりました。
つぶろっくおかわりにも出れました。2日で、3公演やりました。
貴重なる体験をしました。
あだち麗三郎とステージに立てました。
ホランソロジーも持って行った分完売しました。
18日にはシャムキャッツと岡山に行きます。
ホランソロジー持って行きます。
写真など後日upします。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-11 13:18 | ホライズンの話

ホランソロジー

b0209827_1112236.jpg


レコードマガジンを読んでいたら、小沢健二が4年前のライブ音源をアルバムにして発表という新譜リリースの紹介がありました。実は、僕たちホライズン山下宅配便も同じようなことをする。同じなのかわからないが、インスパイアーはビートルズのアンソロジーだ。僕たちは、ビートルズのアンソロジーが好きで、よく聴いていた。しっかりレコーディングされた正規版をすり切れるほど聴いた思い出もあるが、このアンソロジーの質感も好きだ。急にポールが笑いはじめたり、テイク2と言って、別のアレンジの音源や、多分ダメだしされたであろう音源が、つまっているこの盤が結構好きだ。それと同じように、フランクザッパの「ジョーのコサージュ」という音源も大好きだ。こちらも、ただただフランクザッパと、バンドのマザーズが永遠と音を重ねたり、練習したり、ザッパが指示したりする緊迫感が入った音源だ。僕はこの音源をツアーに行く車や、デートで使うドライブ中によく聴いたものだった。それは音質こそ良いとは言いがたいものの、何かのエネルギーがむき出しで詰まっているような気がするのだ。うまいとかとちったとか、もう1テイクしようとかそういうものじゃない。形になるなんて思ってもいなかった時の音源である。こういうものを出すのに抵抗があるかと言われれば、少しある。この音源は、今のホライズンの状態ではないし、今僕たちが意図してやっている、もしくはやろうとしているものからはみ出している、むき出しの状態である音源であるからだ。最初に言い出したのは倉林だ。倉林は、何か意図して言ったのかもしれない。何も意図せず、何かの知らせを便りにして思いついたのかもしれない。ただ、思いついたことには、間違いがないという確信のもとに制作した。僕たちは、あつまって、過去のテープやMDをききくらべていった。そして、制作から1ヶ月、様々な人たちの協力を経て、ホランソロジーが完成した。ツアーに持って行きます。今のところ、流通は通さないで、ライブ会場での手売り(小規模な小売り予定してます)をメインに考えておりますので、このツアーや、ライブ会場で手にしていただけると嬉しいです。限定生産なのでお早めに〜です!

黒岡まさひろ

「ホランソロジー」 ホライズン山下宅配便 TNCR0017
ホランソロジー特設ページ

1  Introduction
2  たぬきそばのテーマ
3  月曜日から金曜日の過ごし方
4  夏は暴走族
5  木蓮の花畑
6  教え
7  高速バス
8  らいむらいむ
9  土
10 クライ丸山cry~only Monday~
11 中華人民共和国
12 フランスオニオン
13 100円ショップ
14 侍
15 あかいあかい
16 学芸会
17 図書館の利用の仕方
18 昼歩き
19 実家から帰ってきて読書
20 夕べ
21 レーズンパン(ロック)
22 レーズンパン(レゲエ)
23 レーズンパン(ジャズ)
24 雨の日
25 地下水
26 髪型の異変
27 The speech of 黒岡
28 甲子園
29 暴走族


ミックス:倉林哲也 マスタリング:原真人 アートディレクション:島田陽介
b0209827_1112929.jpg

b0209827_11122919.jpg

[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-03 22:00 | ホライズンの話

「どうやらBob Dylanも来日するみたいですね」とメールをしたら「今日ですよ22,000円(笑)」と返信があり

b0209827_20272736.jpg
b0209827_20272015.jpg
b0209827_20271339.jpg
b0209827_2027592.jpg
b0209827_20265781.jpg
b0209827_20264785.jpg
b0209827_20264026.jpg

[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-01 20:42 | くろおか

体温が2度あがった出来事

b0209827_2093363.jpg
b0209827_2092667.jpg
b0209827_2091849.jpg
b0209827_209944.jpg
b0209827_2085835.jpg


今週発売のビックコミックスピリッツに僕と同じ名前の人が出てきます。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-01 20:10 | くろおか