地平線と山が重なりあう日

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


いこうともサンボ

電車に乗って國分 功一郎「暇と退屈の倫理学」を少し読み進める。隣の酔っぱらいがやけに話し声が大きいので、集中できない。家に帰ってからじっくり読む。


「伴瀬朝彦×三輪二郎」
三鷹「音楽の時間」で2マンライブを見た。人のライブに、出演者ではなく行くのはかなり久しぶりのことだ。自分が出演者だと、どうも、自分のことが気になって、自分のテンションをある部分で維持する力が働いて、他の出演者を見ていることが多いもんだから(これも大分、本当かどうかあやしいが)、よっぽど強烈じゃない限り、こころまで届かないことが多い。ま。比較的多い割合で何かしらが届くのでありますが。お客さんの側で行くと、なんのそういう「やるぞ〜スイッチ」「やってやるスイッチ」的な気持ちもないから、入ってくる時は入ってくるし、何も入ってこない時は、入ってこない。これも自分の状態ということもあるのだが、お客さんで行くといろいろ感じたり見えてきたりする角度がちょっと違うので面白いと思った。僕にとってライブとは、「すげー」とか「やられた」とか「格好良すぎます。惚れた」とかどうでもいい。もちろん多々あって、「かっこ良かったです」とか駆け寄って言うのだが。基本、自分大好き人間の自分が、どこまで己の中のイマジネーションをくるくるまわせるかが、その人(出演者)の出来となる。あまり期待しないでいくとこれが起こりやすい。期待していくと、余計なフィルターがかかってしまうから、あんまり期待して行かない。日常の延長線上の、その辺に咲いている野草を見た。これくらいの気持ちでライブハウスに行く。良いライブは、イマジネーションをくるくるまわしたり、全く新しい角度の思考が生まれたりする、自分にとっての化学反応が一番大事だ。あとは、「僕だったらどうするかなぁ」とか考えながら見ている。もちろん、もう途中から惚れてしまって、その世界にどっぷりつかってしまって、自分で考えることができなくなることもあるが、お客としてのテンションが維持されているから、やる方と対決しにいくような感じ。こんな疲れる見方して何が楽しいのだ?と思われるかもしれないが、何か、言葉には出さないが、自分の中で、セリフをたくさんくっつけてみる。これが楽しい。お笑いでいうと、次のボケよりも面白いボケを頭を高速回転させて、自分の中で生み出して、実際、出てきたボケとどっちが面白いか、競い合って、頭を鍛えたり、、そんな感じだ。もちろんいつもではないが。これが、格闘家となると、パンチを出したら、こうする。こうする。ここでこうやって、とか、イメージしながら見ているのだろうか?ま。そういう疑似スパーリングのようなものだ。



歌を聴いていると、いろいろ想像できる。言葉が振ってくる。ただ影響されているだけかもしれないが、自分がひっかかっていたところが、すぽっと落ちてきたりして、回答に対するヒントを与えてくれているようだ。僕は、ライブに行っていろいろ頭をオープンにしたり、ドアを開けたり、やわらかくしたり、アプローチに対する美学を見たり、音楽に対する付き合い方をみたりして、ビールを飲んでいる。

三輪二郎さんも、伴瀬朝彦も、いろいろ楽しめた。テクニックはもちろん、歌ってきましたという年輪が、僕にちょこちょこアプローチする。これは、場数の問題もあるが、その人がどれだけ歌に対して自分と対峙させてきたかが一音出したら出てくるから、その、生き様のようなものが2人ともから感じられて、なんとも素敵な気分になった。とかなんとか見ていると、ふいに自分の中に言葉が降ってきて、それを書き留めたい衝動に襲われた。映画館の中だったりすると、真っ暗闇でひとりメモ帳を持って、シャカシャカメモを書いていたりするのだが、昨日は少しはばかられた。会場が明るかったのもあるが、隣に座っている人に、メモを見られるのが恥ずかしいからだ。あまりにも隣のとの席が近い。そして、メモをシャカシャカとっていたら「何してんだ?こいつ?」と思われてしまう。思われてもいいのだが、一番恥ずかしいのは、書いている内容を見られてしまうということだ。もちろん誰も見やしないだろうが、見られたときに「ピカと光るアフタヌーン」とかそういう単語を見られてしまった時の、素の自分の顔とメモのギャップが何だか恥ずかしい。何かをメモする時は、誰も知らないうちにこっそりするのがいい。とかなんとかで、結局頭に書きたい欲求だけが残りながら永遠と、その言葉を忘れないように持ち帰ろうとした。

ライブが終わって、帰ろうとしたところ、いつもビールを飲ませてくれる先輩が「くろちゃんぺ。飲もうよ〜〜」と誘ってくれた。「いや〜」とか言いながらキャッキャしゃべっている間に、なんだか忘れてしまった。忘れないように帰るのが、今日のライブの収穫だ。僕の自分のお弁当(?)をちゃんとつくらせておくれ。帰りの電車の中で、その覚えている断片を携帯電話でポチポチと打ったりしたのだが、なんだかしっちゃかめっちゃかになって帰るというそんな日だった。またこころにもやもやが増えて、これを解決したい気持ちになった。これを紐解くのが僕の生きる楽しみだ。町を歩いていても、川を見ても、なんらか思うもので、最近は言葉に転換する能力をつけたいと思いながら、頭の中でこねくり回しております。


三輪二郎曰く「野音でワンマン(6800円)」
伴瀬朝彦曰く「茨城、下妻の文化ホールでワンマン」

とにかくカッコよろしい人たちでした。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-07-22 23:06 | ライブ後日談

円盤夏祭り

b0209827_11431033.jpg


b0209827_1154564.jpg


オシリペンペンズのモタコさんに、「君は、クラークケントに似ているね」と言われたので、「黒岡剣人です」と伝えておきました。モタコさんは男前だった。


セットリスト

1イカレコンマタヒラ(オーボエとトランペットのマリネを添えて)
2風呂の歌(オーボエとトランペットの風味を聴かせた地中海風)
3ガラスの階段(地下鉄の男女に寄せて)
4あかいあかい(室内楽の境地博覧会)
5テンブレイク(真夜中の三日月ペースト)
6フレッシュパック(満月ミルフィーユ)
7期待(黒紅トッピング、さらにサックスを2本、クラリネット、トロンボーン計6管をちらして)


今回、ホライズンの室内楽を、ドレスアップしてくれた、カズさん(トランペット)と、タイヨウさん(オーボエ)が美しかった。またこういう編成でやる日が来ると思います。最後に、入ってくれた真黒毛ぼっくすのみなさんも、熱い演奏をしてくれた。しっかりみんなが練習してここにのぞんで来てくれている感じが一層熱くしました。そしてホーン隊の鳴りが心地よかった。

(物語のはじまり)nestについて、ひとつだけのエレベーターにかけ込みセーフと思いきや、赤いポロシャツを来た外人が、後からやってきた。「ジャストウエイト」的なことを言って、その赤いポロシャツの外国人を待って、ギュウギュウの中のエレベーター。エレベーターの上ボタンを押すと、「定員オーバーです。最後に乗った人は降りてください」とエレベーターから音声が流れたので、「mmm,sory,next」というような片言のカタカナで降りてもらった。そうして僕たちは、リハーサルを始めた。リハーサルは無事に終わり、フラテンの小島くんと、いろいろ遊ぶ予定などをむりやりねじり込んだりしながら、何もやることがなくなったので、外に出て、なぎ食堂で少し遅いランチをとった。

nestに戻ると、伴瀬がホーン隊の練習をしてくれていたりして、準備はばんたん。本番まで少し時間があったので、ペンペンズや、埋火、トンチ、その他をちょこちょこ見て、外が見える場所で、いろんな人と話をした。テニスコーツの植野さんとホライズンのギター伴瀬の、ほとんどもらった服という共通点をみつけて、話が盛り上がる。その後、何故か小話大会をしたのが、なかなか楽しい昼さがりだった。テニスコーツを見に行くと、すごい異空間ができていたので、「さすが!」と思った。コンテンポラリーダンスを見に来たような気持ちになった。

僕たちは演奏した。編成が違うと、少しだけスイッチの押す部分が違う。そんなんじゃいかんと帰り道に思ったんだが。いつも、どこでも見せれる角度を、見える角度を持っていたいと思った。どっちにしても、6階だったので、ダバーと音を出すという感じではなかったのだが。ああいうスペースでやるのは、少しだけ難しい。音のことだけを、気にすると、しっかりしたリハーサルの時間が欲しくなってしまう。それは、無理な話だが。マイクがたくさん使うと、音がつくりにくいんだろうな〜とPAさんの方を、本番中ちらちら見ていたが、腕を組んでしっかり見ていらっしゃったので、外音(お客さんに聞こえる方)は、多分大丈夫だったんだろうと甘く思う。最近 PAさんというのは、どういう面持ちでやっているんだろうと、他のライブを見ても思う。ま。これはいいや。おんなじTシャツを来ていたたくさんの人に出会った。みんな買ってくれたんだとおもうと、少し嬉しい気分になった。

(物語のおわり)ライブ終了後、タイヨウさんと、ビールと三沢さんのつくった冷や汁をかっこんだが、うまかった。

ぶらぶら煙草を吸っていると、一番最初エレベーターであった(のれなかった)人が、ホライズンのシングル「期待」のCDを持っているではないか。そして、「ライブは、とてもgoodだったよ」というようなことを、話しかけてくれて、僕と、その赤いポロシャツの方とで、つたない英語で、ずっと話をした。「英語はしゃべれますか?」と聞かれて、「あ りる びと」と言ったが、全然しゃべれなかった。しょうがないから、鞄の中のメモ帳を出して、画を描いたりして、説明しながら話をした。外国の人としゃべるというのは、うまく自分のことが伝わらないから、はがゆいが、この感じが好きだ。どうにかして、伝えたいことがあって、それを伝えるための、表現が足りないだけで、どうすれば伝わるか、それを考えることは、楽しい。そして段々しゃべれるようになるだろうと、勝手にタカをくくっている。とにかく面白い話ができた。ありがとう!いや、thank you!

その後、AZUMIというおっさんを見て、衝撃が走った。ずっと聴いていたい気持ちになった。僕はブルースが好きだ。それも破壊的なブルースがとても好きだ。AZUMIがとても素敵だったので、何かひっかかるなと思っていたら、中学生か、高校生のときに、大阪の春一番というイベントを、親に連れられて、見に行ったときに、AZUMIが出ていたような、遠い遠い記憶を思い出した。僕は、ライブではじめて聴いた人を、そのとき親にねだって買ってもらった。そんな思い出だ。本当かなと思ってたしかめたら本当だった。今度、実家に帰ったときに探してみよう。とにかく頭がスパークして、素晴らしい感じになった。いいなあ。ブルースは。

と、円盤の夏祭り、見たんですが、本当におもしろかった。だれかが、この状態が円盤店主、田口さんの作品なのでは、というようなことを書いていたが、僕もそう思う。田口さんは、こうやって人と人を出会わせて化学反応させる素晴らしい大人だ。このごっちゃ煮の現象がとても好きだ。いや、人間にとっていい感じがする。fesというのは楽しいものだ。自分が思っていた価値観とかが、固定概念とかが少し壊されてフラットな感じになって見えるというか。ま。円盤ではそういう風に感じた。

最後に、本日、お世話になった真黒毛ボックスを見て、帰った。
うん。祭りはいいなあ。僕たちが、モモジさんや、いろんな人とつながっていくきっかけになった円盤のまつりに出れて、嬉しい限りです。田口さん、そして来てくれたお客さんありがとう!


friend blog

More
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-07-16 12:26 | くろおか

インディーファンクラブ

b0209827_2484631.jpg

下北沢インディーファンクラブ、素晴らしかった。僕たち、ホライズンははじめて参戦し、そしてシェルター(下北沢No.1ライブハウス)という場所。否が応でも、興奮して、気持ちが高ぶっていたわけであります。

(偉業達成)ホライズンのギターという楽器をつかって魔法をかける伴瀬は、今年は4つ(mmm→王舟→ホライズン→片想い)に出演した。素晴らしい。

(今日のライブハウス)そして、今日はライブ中に客席の方から、とてつもない地割れをききましたわけなんです。地割れ?を聞く。違うな、地鳴りをききました。とてつもなく、お客さんからの波動をうけました。来てたんだな。これが。お客さん一人一人から。もう、そうなったら、ぶっ飛ばすしかないわけですよ。ジャイアンのように。リサイタルですよ。これは、僕たちが、リサイタルしてるのか、それともお客さんたちがリサイクルしているのか、これはどっちでもいいんだよ。お客さんが楽しめばいいんだよ。出していけ。出して。テンションはそのまま高めでいいんだよ。行っちゃえ。イケイケ。行くしかなかろうて。とてつもない僕らなりのやり方で。
とにかくこんな経験は初めてだったな。いや、いや、これはもっと良くならなきゃ行けないし、練習もしなきゃいけねぇ。わかってるんだよ。もう、体感してるんだよ。もう、次のライブから、女性をがんがん失神させるようなパワーを突きつける。「ひーーーッッ」っていう。



さて、さて、下北沢を散歩。歩いている途中、たばこを吸っているとき、会いたかった人、話したい人も沢山いたが、みんな3分くらいしか話せなかった。いや、まてまて、いいんだよ。これで。今日は音楽の祭りだ、そして、下北の街中がすばらしい祭典都市のような感じなのだ(妄想)、これでいいんだ。今日は、そんながっちり話さなくてもいいんだよ。ほらみてごらんよ。みんな臨戦状態のような、もやもやした湯気が体から出ているだろう。え?見えないって?いや、確実に出ている。俺には見える。そんな湯気が出ている時は、会話が続くテンションではないのだよ。会話よりも高いテンションとも言えるんだよ、いや、言葉を考えるより、音楽を、感じたいというか、言葉はメロディーにのって、行けばいいんだよ。言葉で今日は考えてる場合じゃないんだよ(少なくとも、今日はだぞ)体で体感すればいいんだよ。

こんなことを思っていた。

More
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-07-02 01:11 | ライブ後日談