地平線と山が重なりあう日

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ライブが2本終わって。

ライブが2本今月を駆け抜けていきました。


まず、クラモトイッセイ企画「発見者エニグマとその対象」@UFOclub
このタイトルからしてよい。クラモトくんはセンスがとてもある。地下にこんな人が隠れていたと思うとかなりドキドキするのです。ベースもドラムも歌も全部100%即興という種明かしを聞いてしまい頭をかなり殴られたような、ぐらぐらした感じになった。
クラモトくんは常に、何かをインスパイアして、何かを妄想して、言葉をひねり出して、次の展開を考えて、降りてきて、なにかの像をつくっているんだなぁと思うと、とてもドキドキする人間だ。
毎日、どついたるねんのように、1曲づつ、upしていくといいんじゃないだろうか。枯渇はしないだろうから。
他の出演者・・・・Optrum/石原正晴(SuiseiNoboAz)/酒井泰明(moools)
どれをとっても、この集まった人たちは面白かった。
酒井さんの人間の大きさのようなものをふっと感じてしまい、mooolsも是非この目に見ておきたい。
石原さんのワインをがんがんふるまってくれる吟遊詩人のような感じも素敵で、歌には力があった。
Optrumの潔さ。「時間おしてるんなら、俺ら巻きますわ」といって、すぐさまステージに上がり、20分演奏して、すっと帰ってきた瞬間、僕らの出演時間の40分前であった。カブキモノとしか思えない。も含め、最高のイベントであった。

U.F.Oclubは10年ぶりくらいに出演したのであるが、なかなか音が良かった。

続いて、月見ル君想フ「CAN'T BUY ME LOVE」イベント。
鬼の右腕から始まって、ドクロズまで女性の割合がわりかし高いイベントだった。
ドクロズを見ていると、懐かしい感覚になる。こういう感じ、やりそうな感じ、昔、僕が加入する前の伴瀬のライブを新宿とかに見に行っていたころ、対バンで出てきそうな感じ。そんなことを思い出す懐かしさを持っている。変わらない感じ。
それがいいとかどうとかではなく、単に懐かしい感じだった。ドクロズの人と最後お話しさせていただいて、「わたしらのライブ見ていると、誰でも何かできる。って思うでしょ。わたしらでも、やってるんだから、何でもできるってね」というようなことを言われた。「いや、僕は、別にそうは思いませんけど」と答えた。ただ、そう思う人はいるかもしれないという前提ではあるが。
僕もそういうような感じのことを思ったり、考えたことがある。でも僕がそれを言うと嘘くさいので、それを言うのはちょっとちがうなと思うのである。「誰でも何かできる」というようなことは、思う。だが、僕たちが何もできないやつだとは思えない。だから「違いますね」といったんだと思う。もう少し話をすると、もっと言葉の意味とか、そういう感じが話せたと思うが、一瞬だったのでその辺の擦り合わせはしなかった。ま。そんな細かいところとかを考えながら、終電で帰ったわけであります。
僕たちは新曲をやりました。とてもいい曲です。ずらずら出していきます。

帰ってから、この2本のライブの音を聴いている。

More
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-06-25 00:44 | くろおか

深夜のニューミュージック

昔、リミックスとか全く興味がわかなかったが、最近、面白うございます。
最近では、岡村靖幸のリミックス「爆弾怖い」が面白かった。タワレコでずっと試聴しました。
シングルで買おうか、、どうしようか、、と手にのばそうと思ったが、シングルはなかなか買えないのであります。それは曲数が少ないからだ。シングルは、中学生の頃の長渕の「シャボン玉」以来買っていない。(はずだ)

2ヶ月くらい前に、奥様がiTuneに入れておいてと、言われずっと聞いていなかった、くるりの鶏ビュートなるものを深夜に聞いている。なかなか面白い。「こういうアプローチで来ましたか〜」という。「だっせー」とか。「ほ!」とか。「誰だ?これ?」とか。「アレンジはいいんだけど、歌がいまいちだな。」とか、、誰か知らないできいてると面白い。
このトリビュート(こういうものの類は)、くるりの岸田氏の声を想像して聞くようではダメだと思っている。
そういうのは、岸田氏本人が出てきたら、もう勝てないから。
「これ誰の歌?」ってなると興味深い。
松任谷由実はすごいな。最後の方、ちょっと「なんだ?このアレンジ?」ってなるけど。
曽我部さんはいやらしいな。なんか変な進化をしているとしか思えない。
そのなかで、ワールズエンド・スーパーノヴァは、リミックスと言うことで、面白い。
「こう来ましたか〜」「こうやっちゃいましたか〜」っていう。
でも、ほとんど、みんな遊んでいる感じですね。(多分)
リトルクリーチャーズという人が面白かったな。なめくさってる感じがいいですね。
二階堂和美さん、すごいです。いつか生で見たいです。
その次のキセルがとても良かった。素人くさい感じがまた良かった。とても素晴らしい。
みんなイントロがいいんですよね。大体。ぐっと来る。

全体的に、真剣にやっちゃったらなんか、ちがうというか、リスペクト(するのはいいんですけど)しても、何か、違いますね。「好き」をかたちに表してもーた!!というか。「好き」ていうのはいいんですけど、「あらわし」ては、、いかんような気がします。違和感が。
笑いとか、ユーモアとかで振り切れてぶっとばしてる方が好きですね。
まじになっているやつは、ちょっと恥ずかしくて聞けない。
それで、そのうしろに生えている、その人の力に、「あわわわわ」ってなるという図式です。
僕も、人のをカバーする時は気をつけよう。そう思われるぞ!「まじでやるなよ!」
「それは人の歌だ!」と自戒の念も込めておこう。そのうしろに生えているもの、、それがお前だ〜!そんなことを思いました。

注釈:とはいえ、ライブとかで聞いたら、ぐっと来るかもしれませんが。

「ワールズエンド・スーパーノヴァ」で、思い出したが、あれは、いつだっただろうか?
10年くらい前か。「くるり」の新曲どんなやつなんだろう?聞いてみたいと思っていたところに、発売前に有線かラジオでかかってきた。「ワールズエンド・スーパーノヴァ」という曲です。「お!」「お!」と思ったが、そのとき、僕はアダルトビデオをレンタルビデオ店で一生懸命物色していた。「こういうタイミングで聞きたくなかったな〜」と思って、ビデオ店を駆け抜けたのです。しっかり、映像の方は借りたと思いますが。覚えておりません。「ワールズエンド・スーパーノヴァ」はそれ以来、そのこと思い出してしまうので、シングルはやっぱり買いませんでした。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-06-18 02:49 | くろおか

映像2連発


シングル「期待」発売の日 2/29


アルバム「りぼん」発売の日 5/20


北村裕樹さんに制作していただきました。多謝。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-06-12 02:03 | ホライズンの話

タイトル連想ゲーム

「最初、物書きになったのは自己慰安からだ」

と吉本隆明が本で書いていた。僕は「自己慰安」という言葉が気に入った。あまり聞いたことない言葉。そうこうしているうちにSAKEROCKの「慰安旅行」というアルバムのタイトルを思い出した。この「慰安」という言葉の響き、何故かうしろめたさとか、暗い要素が入っている感じがして好きだ。「自慰行為」というのだと夢がない感じがするが。「慰安」と書くとちょっと文学的な匂いがする。

さらに「慰安旅行」から「7泊8日」という今度videotapemusicが出す新譜タイトルを連想した。


タイトルはおもしろいなぁ。

さて、僕たちが5月20日に出した「りぼん」というタイトル。これはどういう印象なのだろうか?僕たちはホライズンらしくないタイトルにしようと、いろいろな案を出したものだが、今となっては「りぼん」はホライズンの言葉になってしまった。でも全然知らない人が「りぼん」という言葉をきいたら、、、どういう印象を持つだろうか?「期待」と来て、「りぼん」。このタイトルをつけるバンド。僕が前情報なしで、初めてタイトルだけ聞いたと想像すると、、、、、すごくセンスがあるか、すごくセンスがないか、どちらかだなと僕だったら思う。でもバンド名が「ホライズン山下宅配便」だからセンスがあると思ってしまうだろうな。「りぼん」、、完全に僕の中でホライズンの言葉になってしまった。そんな今は、狂気な感じがする。「殺人」と対になるような言葉の気がする。同じ位相にいるような。そんな感じがする。ファンシーが突き抜けているような感じがする。志茂田景樹とミッキーマウスを足して2で割ったような、やっぱり狂気の感じがする。この解釈は僕自身の生産性のない解釈であります。みなさんはどういう印象をお持ちでしょうか?
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-06-07 14:12 | くろおか

ヒゲへの憧れ

「大分休暇を楽しんでいたようだね」

仕事場の人に言われた。3日間のヒゲが伸びっぱなしになっていた。家でひげを剃り忘れたのだ。

僕はヒゲが自分で薄いと思っていたので、鏡を見ない限り、ヒゲが生えていることに気づかない。最近は3日ヒゲを剃らないと、4mmくらい伸びている。このまま2年くらいヒゲを伸ばすと、僕にも貫禄が出るだろうなと思った。

ヒゲとは別に僕はたまに、「金髪にしたい」という衝動にかられることがある。これは、金髪にすると、かっこいいだろうなという気持ちからではなく、ただただ、反抗的な態度をとりたいという寂しさなのか、甘えなのか、衝動なのか。要するにただの自己満足だと思うのだが。
もし僕が金髪になると、仕事場で「休暇を楽しんでいたんだね」ではすまされないだろう。仕事で出勤した15分後には、僕は、丸刈りの一休さんのようになっているだろう。それはそれで面白いが。

いや。いや。まてよ。バンドにツルツルは2人もいらない。
そう考えると、やっぱり、金髪にする必要はないな。

More
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-06-03 12:22 | くろおか