地平線と山が重なりあう日

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


足元をすくわれないよう

先日まで負傷していた。先日のライブで足をおもいっきり「期待ダンス」で殴打して、「これはやばいな」というジンジン痛みをもったまま、深夜に家に帰って、朝起きてみたら、痛いのなんの。この痛みおぼえている。足が曲がらない。足を曲げると激痛。絶対に曲げることができない。こたつで2時間寝て、起きて仕事に出るも、外は先日の大雪で足元がかなりやばい。びっこひきながら、ガードレールにつかまりながらなんとか歩く。とにかく階段(特に下り)が猛烈にきつい。足が片足曲げられないので、それをカバーするように、全身でフォローする。かなり変な歩き方だ。というか完全にびっこをひいているし、スピードが遅い。
その足をなんとか、かばいながら、雪道を歩いた。片足曲げれないと、本当に困るんだなァと実感した。階段を降りる時、そしてソックスをはくとき、走れない、和式でうんこできない。階段を降りるのが、一段一段になるし、てすりで、足に負担がかからないようにしっかり固定していなくてはいけない。そんな足と、猛烈に遅い速度を、いろんな人に気づかれて「大丈夫?」と心配されたが、少し恥ずかしいながら「大丈夫です」とこたえていた。
それを見られるのが恥ずかしく、それを悟られるのが恥ずかしいので、一生懸命、普通に歩こう、普通に見えるように歩こうと努力しながら歩いたが、普通に歩くのがどうも難しい。全然意識して歩いていなかったあの歩き方が全然できない。不自然きわまりない歩き方。駅で朝のラッシュの混雑している時間帯に、てすりをつかって1段1段降りるわたし。おばあちゃんだ。おじいちゃんだ。
今までそれほど使わなかった手すりの重要性、エレベーター、エスカレーターの存在にようやく気づいた。やさしさのユニバーサルデザインというものがどれだけ、助かっているか、他人事としてとらえていたことが、自分事になってようやくわかった。
てすりは必要です。足の悪い人のために。
エレベーターは必要です。重い荷物をもっている人のために。
黄色い線は必要です。目の不自由な方に。

4日程たって、ようやく治ってきたのですが、これは誰のためにあるのか?ということをもっとしらなきゃなと思った負傷でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シングルが出る。しかし浮ついてはいけない、もっと地を這うような活動をしなければと今日思った。また詳細は、だしますので、お楽しみにです。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-30 23:04 | くろおか

今日は

永遠とガキの使いのyoutubeを見続けた。

先日のセットリスト

2012/1/23
テンブレイク
半人前
レモンと肉ヒダ
コンドル
大恋愛
期待
モンプチ
boobooメダカ
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-28 03:20 | くろおか

MM

http://youtu.be/IYUhLHuN1kM

マリリンモンローズの勇姿
主演の子かわいいなー。となりの人もいい。カメラマンもいい。よりかたもいい。ぬきかたもいい。マリリンモンローズいいところででてきますね。ずるいな。おめでとう。こういう純愛っぽいのとりますか、片岡先生〜〜。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-24 02:48 | くろおか

はたらくおっさん

ロフトのライブが終わって、外に出ると、いつの間にか雪が降っていた。
なんとかこうして家に帰ってきた。

友人のツイートで知った、フジロッ久(仮)はなんとかいっしょにライブをやりたいバンドだった。それが実現できてとてもよかった。勝手なものの見方ではあるが彼らはすごく大人になっていたし、僕たちも年を純粋に重ねていた。

あの神がかった動きに、心情に訴える歌。最近、彼らのようなバンドとは一緒に対バンしていなかったので、とても面白かった。パンク、メッセージ、そのなかでお祭りのようなものが繰り広げられている。僕はこう考えている。君も生きようぜ。と言わんばかりのエネルギー。リハーサルから100%で飛ばす姿勢、衣装、パンクというイキ方、随所にでてくる言葉、彼らなりの哲学がつくられつつあった。もう、お祭りだ、そう思った。

僕らはそのあとの出番だったので、僕らなりのことをしようと、しっかり練習していくことを心がけた。年末の18日のベスト10曲の、練習不足や、準備のバタバタから来る→それを持って行くために、あるステージにあげるための多少の無理矢理感はなくしたい、バンドのエネルギーをもっと僕たちは信じて、練習して、今できる最高のものをみせるしかないのだという思いである。

これからはもっとそういうことがしたいし、今の現状に甘んじることなく、そこにいるあなたに直接個人対個人でうったえたいのです(あまりにもきれいごとすぎるかしら?)

とはいえ、ホライズンは、理解されない。理解されないというのはちょっと、どっぷりすわったもののいい方だからよくないが、「あんたたちのやりたいことはまったくわからない」「まったく意味が分からない」と言われる。これは僕のみせ方が、バンドのびたっとあうグルーブが足りないからだと思っている。あとは下手さから来る、後ろめたさと。

今回はもう、やってやるという思いでやらせていただいた。ライブ終了後、たくさんの人に声をかけていただきとても嬉しかった。いろんなご意見もいただいた。照明に関すること、歌のこと、その他いろいろと、いろんな人と話ができて純粋に嬉しかった。今日の対バンの中では物珍しい位置にいたかもしれない。そういう刺激かもしれない。うまく自分では言えないが、CDを買ってくれた人もいる。「あー」「下手だな」と思う人が多数いるだろうと言うことは予想しつつ、感謝している。

フジロッ久(仮)の藤原さんともお話しできた。過去の4年?くらいのうちに多分お互い、いろいろあったのだという顔つきで話した。彼らのステージにはいろんなテクニックがついていたし、お客さんをわかせるいろんな要素がちりばめられていた。他の対バンの、はなし、ちくわテイスティング協会にも言える。僕ら以外のバンドは、たくさんの要素がなっていたし、飽きることはない。僕らといえば、すっかすかで、個人の要素がかなりしめられるのではないかと思っている。そのすかすかの中でやる怖さと、そこからうまれる4人だけのエネルギーの出し方のごまかしようの聞かない感じは、勝負という点において良いものかもしれないと思うようになった。

僕らは、いや、僕はずっとそれほど、よくないライブを重ねていた。たまにいいライブは、たまたまだったのか?もしくはそこに対する熱量だったのか?どっちにしても自分の意識がまだまだ低いなと思う。他のメンバーは、褒めることばっかりではないが、意識レベルは高い。彼らを見ていると、シビアな戦場にたたなければならないなーと思う。

たのしいことはとてもいいことだ。でもそこの状態を打破したいなと思う今日この頃、ようやく舟に乗ろうとしている。あとは自分を信じるだけです。たいしたことない自分を。そして僕たちが、「ついにホライズン」なんてちやほやされることが来るかもしれない。「全くわからない。自己満足の世界」とののしっていた人が、認めてくれるかもしれない。何だかわからないが、僕はとりあえず4人で頑張ろうと思います。見てください。というには傲慢すぎますが、いろいろ準備しています。

ceroなんか、遠く高いところに行っている。僕たちもフェスに出れるのだろうか?これから、フジロックのルーキーステージに出れますように。おまじないをしておこう。あと、勝手にフジロッ久(仮)には売れてもらいたい。僕らよりも売れていると思いますが、売れてもらいたいな。勝手に思うことであります。

来てくれた人、鍋をおいしそうに食べてくれた人、ありがとうございました。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-24 02:13 | ライブ後日談

東の空では若者が自由と戦ってるのに原宿ホコ店通りじゃ自由をもてあそんでる

街何もかもがきらめいている

原宿から青山を通り抜け外苑前まであるく。新しいイメージと刺激の先端がみちばたに見える。とはいえこれは大分練られたものなんだろうなと密かに知っているが、刺激に食あたりする間もなく、ジャケットの打ち合わせ場所に行く。ワタリウムでローラオーウェンズの画集があるか調べてもらったが、なかった。ざんねん。
きらびやかだなぁ。久しぶりだ。昔歩き回った街を歩く。できることなら是非ゆっくりとデートしたい。最終目標はキルフェボンだ。

キルフェボンのケーキを食べにいこう。
ああ!非日常を味わいにいこう。

そいつが日常になってしまうなら、もうそこには行かないよ。
加藤休ミさんの展覧会にお邪魔する。最終日に間にあって良かった。どんどんやってもらいたいです。
帰り道、歩いた。また歩いた。夜になっていた。店はしまっていた。この道は何度も間違えた道!もう間違えたりしないだろう。間違えたらタクシーで家まで帰ろう。なんて非日常なんだろうか?

でも残念ながらその金はない。あるけどそれをしてみれば罪悪感だけのこるだろう。いやこのさい、そうしても面白いかもしれない。いやまて、それはそんなに面白くない。


あ!アウディだ。このままこれをローンくんでこの車運転して帰ろうか?キラキラ、キラキラ。今の車はどうする。帰ったらびっくりするだろうな。怒られるだろうな!無駄な買い物して。無駄なローンに。しかし僕は酔っ払っている。購入できたとしても、運転はさせてもらえないだろうな。なにより免許がない。

夜出会うものはそういうものだ。出会いより自分の感情と感じ方に楽しみをおいてる。このような想いがうまれる道が道なんだ。

そして唯一あいていたタワレコの光の中へすいこまれる→タワレコの夕べ→
在日ファンク
星野源

気になっていた岡村靖幸をyoutubeで見てしまい、もう2時間がたってしまった。

本家じゃないけどすばらしい にやりとしてしまう

[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-23 02:35 | くろおか

つくるひとの態度

ビートルズすごい。聞き惚れてしまう。イッソン氏からビートルズの楽曲が届いたのですが、聞いたら虜になってしまう。ぼくはとらわれてしまった。

スマートだ。僕もビートルズになりたい。

それはさておき、先日好物ラーメン二郎に行ってきました。練習前に時間が大分あったので行きました。並びました。タッチ差で建築業界の人にずら〜〜〜って並ばれましたが、待つのも調味料。どうしようかな〜とおもっているうちによだれが出てきます。ラーメン二郎以外で待ちたくない。並びたくない。二郎以外で並びたくない!
そのラーメン二郎店は(近いというメリットで行くのですが)昔はとても、まずいラーメン二郎店ワースト5に入る味だったのですが(名誉のため店名は書きませんが)最近だんだんうまくなっていると思っている二郎店なのです。ちなみにご存じない方に説明いたしますと、ラーメン二郎の店舗は店によって味が違います。

そこで並んでいて気づいたことがあります。店主の態度がでかくなっている。
食べ終わった食器の横に置かれた鼻をかんだあとのティッシュを「それ(ティッシュ)ゴミ箱に捨てといて」という感じです。普段なら「あら?態度が以前よりでかくなっているな〜」と思うだけなのですが、なにか凛としたものを感じてしまいました。これは、、、もしかして、味に自信が出てきたのではないか?という推測が私の頭をよぎりました。以前閑古鳥が鳴いていた頃は、肩もすぼまっていたような店主(勝手な描写)が、仕事に打ち込んでいるのです。その姿は、本当に素敵なのです。ゴミはここに置くのではない!そこにゴミ箱があるだろ。今後はティッシュはそこに捨てなさい!といわんばかりの、ラーメンに打ち込む姿勢に僕は「あっ!」と思いました。こういう方程式が成り立つのではないか、、

味に自信がある→余計な接客はない
とりあえずこれを食え→余計なサービスはない
うちの看板は味だ。これを食え→それ以外はしない
という感じでしょうか?もちろん気持ちよく「ありがとうございました」という声の店主なのですが、いつぞや、年に50回は行っていたであろうラーメン二郎仙川店を思い出しました。そうだ。ラーメン屋は味で勝負なんだ!だから態度がでかくなっても(でかいという表現はよくないかもしれない。最近のサービス過剰な飲食店業界から比べて)ラーメンを僕たちは食べるしかないのだ。と勝手に解釈し、ラーメンを食べる前に、またよだれとアドレナリンがばりばり出てきて、「これはうまいに違いない」と思うようになりました。
それで食べたものですから、ぺろりと食べました。とてもうまかったです。

まてよ。これはもしかして、音楽にも、ライブにもいえるのでは!通ずることなのでは!音に自信のある人は態度がでかい、、という訳ではありませんが、ビートルズが「こんばんわ。リバプールからやってきた4人組です。是非聞いてください。最後までお楽しみください。」とは言わないはずだ。と訳の分からぬ方程式を見つけたと錯覚して僕はラーメンを食べました。

僕たちは音、歌、ソングを成熟させなければならないと思いました。当たり前ですね。


その後の練習、僕は何度も、腹が痛くなりトイレに行きました。アミノ酸のせいだな。アブラのせいだな。尻をふきすぎて、ヒリヒリしています。次回のライブはお楽しみに。締めて締めて締め上げたものをやります。1月23日(月曜日)
「武蔵野からやってきた4人組です。どうぞお聞きくださいませ。」
関係ないけど、演奏終了後に料理バトルもありますよ。1月のホライズン初ライブです!


加藤休ミさんの個展情報→http://katoyasumi.exblog.jp/17432305/
今井次郎さんの個展情報→http://www6.kiwi-us.com/~popotame/shop/
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-19 01:22 | くろおか

2012年

2011年はアンケートをとってベスト10をやったり、それにともなった0票の曲っつーのを個人的にやりましたので、昔の曲としっかり目を見開いて、かっぷり相撲をとってきたつもりです。いや、かっぷりとは言えないな、さらっと昔の女の髪をなでたくらいでしょうか?しかし過去の写真のアルバムを整理して、さあ、次へ行こうっていう準備をしているところです。ホームページのトップページに載せましたが、2月の29日にシングル出します!お楽しみにです。去年の
そうそう、さらったと言えば、書き忘れていました。下記の冊子をつくりました。こっちゃんというずっとお手伝いしてくださっている?応援してくださっている?、、、なんていえば良いか、本当にお世話になっている方と、協力していただき一緒につくりました。というかつくってもらいました。こどもがお母ちゃんにオベベをつくってもらうような感じで。本当に大変な作業だったと思います。僕は「言いたい放題」言って、「ここをあーして」「こーだ」「これはあーだ」とか言ったのをすべて受け入れて変更してくれました。細かいチェック、データつくり、デザインの変更、校正も本当に大変だったと思います。こっちゃんありがとう!素晴らしい仕事!感謝してもしきれません。これは。インタビュー含めて100時間くらい働いてくださったのではないでしょうか?ということで、ホライズンの冊子、みなさん持っていない人は手にとって買ってくださいな。帰り道のいい暇つぶしにはなるかと思いますよ〜。自分たちのインタビューを自分たちでつくるという、ちょっと気持ち悪い構造にはなっておりますが。お許しを。これ、やりたかったんですよね〜〜。
b0209827_5591773.jpg



とか、なんとか、昔のことをホジクリ返していたら、ホライズンは4人になって復活してから、まだそんなにたっていないんだなあという事実に気づく。あのおそろいのジャケットをイトーヨーカドーで購入したのはいつだっただろうか?あのベストを下北の古着屋で一生懸命さがしたのはいつだっただろうか?ぼくの大体いつも履いているニッカポッカみたいなズボンは下北沢で王舟会の前に買いました。ま。いろいろ思い出していたら、伴瀬の金髪時代の写真を発見したり、昔の写真をさらってみたりしたんだよね〜。

b0209827_5565097.jpg

なつかしの写真。かわいーー。お互い22歳くらい。


あと、書き忘れていましたが、新春(1/8)にとんちオペラというものを円盤のnestのイベントでやりました。年末にその話をいただいて、ぼんやりきめて、あとは、個人の瞬発力任せとなり、それでも一度は打ち合わせしたりして、本番に臨みました。予想もしないことがおこったりして、変更がなされたところで僕に火がつきました。こういうの向いているのか?それともたまたま、よいテンションだったのか?よくわかりませんが、とっても面白かったです。いつか見たいな。

そして1/9には遠藤さんの新年会に参加させていただき、伴瀬と大学1年のときにつくった歌を歌いました。音程はずしたな〜〜。ブルースギターも初お披露目しました。

今年はすまじいライブをもう2本も見てしまいました。
その1 松倉如子+たけヒーロー+アルカイックスマイルトーキョー
その2 真黒毛ボックス(大槻さん)

その1については、もうoasisのwhateverと魂としかいえない歌が混じり込んだそんなもので、音に感動、歌にしびれてしまいました。松倉さんの歌をきくと、いつもヒリヒリひりひりして、顔に鳥肌がたつ。「やばい」「やばい」てな感じの。そこに、すんばらしいハーモニーが加わるもんだから、もう、人はいなくなる。演じる人はいなくなる。感情がボールのようにとんできて、ただただ自分(僕)と向き合うことになる。こういうライブできる人は矢野顕子くらいじゃないだろうか?って、まだまだいそうですが。感動していつも泣きそうになる。アサダマオもすごいけどね。mmmもすごいな。いっぱいいるな。

その2については、ロックンローラーてこういう人のこというんだろうな。てあらためて感じた。その辺で爆音ならしているミュージシャン(人によりますが)にはロックは感じないが、大槻さんみて、度肝を抜かれた。すごい。これだ。これをせねばならないのだ。と振り返ってみたりしました。大槻さんすごいです。これがロックなんだ!と胸にしまっておこう。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-15 06:21 | くろおか

アンパーフーテップルサ夢

500にんくらいで踊る夢を見た。

またライブをしたあと、あるいていると同じ柄物のシャツを着たおっさんにあって、すこし恥ずかしい気持ちになった。そんな夢を見た。

ビートビートスイッチビート

薮の中から8ビートが聞こえてくる
浜辺から爪を切る音 それは3連符
駅についたら、ながれるメロディー2ビート
あんたの口から最中がぽろっと落ちた 

紙袋の中から16ビートが聞こえる
37ビートはどこで区切るか揉めに揉めた
99ビート、100ビート
足音ききたい そこまで行くわ

ひとそれぞれの足音が
表もあれば裏もある
ビートがないてる
ビートがうたってる
今日は何ビートにのって旅に出ようかい?
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-14 13:00 | くろおか

文字が下手でこまること

2日前、料理番組にでていたものを、ずっとつくりたいと思っていたので、家に帰ってきてからつくった。
はじめてナスの皮を剥いて炒めものした。
酢を入れた。
ナスとアブラの関係について少し知った。
経験値が2あがった。

うる覚えだったが、とても美味しくできた。
これは忘れないようにしようということで、「くろおかのおいしくできたレシピ帳」にくわえた。
書いているうちに、字の下手さに、初めてこまった。
うまい人の料理は、勝手に字がうまいものだと思っている。
さらさらさら〜と向田邦子のような文字で書いてあるとうまそうだ。
なんとなく、文字の下手な人のレシピは、スマートではないと気づいた。
と言うことで、このレシピはきれいに書こうと思った日でした。

次回のライブ→
「おもちくわのはなしvol.1」
2012/1/23(月)
オープンスタート18:00/18:30
場所ロフト(新宿)
料金1500/2000
出演
ちくわテイスティング協会
はなし
フジロッ久(仮)



2012年最初のライブです
ライブ+出演バンドの対抗料理バトルあります
料理バトルの審査員はお客様の中から抽選で選ばせていただきます。
個人的にはフジロッ久(仮)と対バンできるのでとても楽しみです。
あれはいつだったか、埼玉辺りでタイバンした記憶。名前はお互い少し変わっているが、やります。
あのときはぼくたちは宅急便だった。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-12 11:26 | くろおか

髪と二郎

髪を切ってきた。
舌がじんじんしている。これは確実に昨日のアミノ酸だな。私は、髪を切るのにはめっぽうなれていない。そしてめんどくさい。どうしますか?と言われてもなかなかうまいように言えない。何度来ても、「適当にお願いします」とか言ってしまう。なかなか、切ってからいいなと思うことはないが、別にどっちだっていい。早くきってくれよと思う。そして愛情を持ってきってくれよとおもう。それだけだ。雑にやられると、しょんぼりする。忘れもしない、三鷹の駅前の、、、とか思っていたら、いろいろ思い出した。

2011年やり忘れていたこと、たくさんあります。
一つは締め二郎です。ラーメン二郎を食べて年を迎えるというものです。ばたばたして、いけませんでした。そして新年までに髪をきるということです。いけませんでした。ぼっさぼさです。ということで12年になってきております。

昨日、新春電化製品を安く買うために、町を歩いていたら、二郎系ラーメン店「八王子 田田」に遭遇。あ!ここにあったのか!{にんにくいれますか?}て書いてある。これは行かねばと思いラーメンを食べました。ラーメン二郎ではない。といっても、ラーメン二郎というのは店舗数が多いから、「ではない」とは言えない。麺は荻窪店に近く、スープは、う〜ん、池袋店か?、とか考えながらすすった。豚がなかなかうまかった。
僕には求めるラーメン二郎がある。行く日や、時間帯によっても違うが、昔の仙川店、小金井店、神保町店、小岩店、などなどだ。これらはうまいと言うよりも、二郎をたべた〜〜となる。初めて連れて行ってもらった仙川二郎は「なんじゃこりゃ〜〜」というものだった。やっぱり、分析もいいが、「なんじゃこれゅゃ〜〜〜」ていうのが大事だ。うまいとか、まずいとか、言う前に打ちのめされて勝負する感じがある。もちろんうまいから、勝負できるのだ。「ほらほらうまいから、お前どれだけ食えるよ?」と挑戦されているのだ。こっちは「いきま〜〜す」て感じで、挑戦している。それで全部食べれたら、どっちが勝ったのか知らないが、僕の勝ち。そしてその量を食べさせた二郎の勝ち、で素晴らしいフィナーレを迎える。最近は見た感じで、だいたい「うまいか」、「普通か」、「それ以下か」、わかる。見た目がうまそうなものはだいたいうまい。余談ではあるが、倉林のつくる食べ物はもう見た目がうまそうだ。そしてうまい。いくらでもいける。そういうものに出会った時は本当に幸せだ。今回の田田は、僕的には、まあまあだったが、結論から言うとラーメンであった。僕は二郎に関してのみ言えばラーメンを食べにいっているのではない。ソウルをもらいにいっているのだ。ということである。(というか麺が、粉っぽいのが好きなだけです。人が、つくってんな〜〜ていう麺)余談→ニンニクをたっぷり入れたせいか、本日職場で「ニンニク食べてきた?」と言われた。「すいません。食べました」。、、これが、二郎だな。とはいえ、また時間に余裕があれば、二郎には行きたい。

とか何とか考えているうちに、髪を切る作業が終わった。「どうですか?」「いいんじゃないですか?」帰りがけ、眼鏡をかけるともみあげが、びよーーんてなっっていた。よく見てないでOKを出してしまった。「あっ!」と思ったが、ま、いいかと思い、家に帰ったのである。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-04 14:11 | くろおか