地平線と山が重なりあう日

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


thank for nagoya

名古屋、あたたかかったです。メンフィスビールストリートのようにあたたかい場所。
あたたかい人。
いつもいつもあたたかいので、秋が近づいているとは思えませんでした。
わたしといえば、ライブ前日に徹夜で、妙な予告編をつくってしまい、そのまま練習に出て、鼻をたらたらしておりました。
そしてライブ中は、いつも最中に気づくのですが、汗をかきすぎている。
月曜日なのに楽しみにきてくれる人の顔を見ているとわたしなんかは、もっとにやにやしてしまうのです。いろいろな人がいて、なんとも温かい名古屋です。モモジさん、そして出演者の皆様ありがとうございました。
僕たちは歌いました。演奏しました。この日の様子はまたなんらかのかたちでお知らせできれば良いかと思っております。「たまてばこはくらんかい」やらせていただきました。またあいましょう!

b0209827_3191286.jpg



ここ1年のライブのアンケート集計いたしました。
お楽しみにです。

期待ダンサーも間もなく募集詳細あげます!!!!!!!!!!!!!!
おまちください。ご参加くださいませ。


こんな素敵な人たち「ジェット達さん+まっちさん+HADAさん」

[PR]

by horaizunyt2 | 2011-10-22 01:32 | くろおか

イメージと人間のエネルギー

イメージのゆくえ

メンバーと会ってたわいもない話をしていると、なんだかイメージが出てきて、ひゅっとおちてくる。ずっと一人で考えていることも、しゅぱっと堰を切ってでてくるようだ。これが一人でやっているのとは違うエネルギーになる。どこからなのか、わからないところからでてくるもの。これをひらめきと言うのか、ただの思い込みと言うのかわからないが、イメージは感化されて加速していく。それを人はモチベーションの一種だと言う人もいるかもしれない。ただ、どこかに向かっているときにしか、それは出てこないし、なにも解決しない。(解決しようとしている問題を抱えているときにしか、その答えは出てこないのと同じように。)訳の分からぬところからひょわいっとでてくるこのイメージに身を委ねる。日常がまったりしているゆえか、日常から出てくる音楽、言語と、ホライズンの緊張感のあるベクトルは少しいつも違うような気がする。そこがたまたまリンクする場合もあるのですが、ホライズンにはいつも緊張感がある。メリと張りを重要視した世界には、緊張感が必要だ。緊張したところから一気に解放されるそんな瞬間がいくつもある。それをうまくやっていくには、すこしずつ身体をととのえて行かなければならない。

名古屋に向けていい感じで身体をつくっている。あと四日くらいだ。いい感じに仕上げて行きますぜ。よかメンバーとよか対バンとできるハポンでの演奏を楽しみにしています。
[PR]

by horaizunyt2 | 2011-10-13 10:23 | くろおか

かくかくしかしかじか

久しぶりのライブ。円盤企画。知っているケバブジョンソンも出るので楽しみだ。

More
[PR]

by horaizunyt2 | 2011-10-05 02:20 | くろおか