地平線と山が重なりあう日

カテゴリ:くろおか( 224 )


「黒岡の 夏の宿題提出期限 40問40答」

b0209827_1735136.jpg



今年の正月に、王舟と一緒に電車に乗っていた。あれは何の帰りだったんだろう?もしくはどこかに向かっている途中だったのか?わからないが、2014年の抱負を言い合った。王舟は「ディレクション」と、言い、私黒岡は「人間力」とした。王舟の「ディレクション」の意味はどういうことか?といろいろ話をしたのを覚えている。そして、2014年も半分をとっくにすぎ、もう秋がジワジワ来ている。王舟がニューアルバムを出し、ライブをやり、どんどんパブリックイメージが豊かに、そして、発射するものが遠くに向かっているのを見て(私個人がそう見えるということで)、王舟の2014年はなかなか達成できているのでは、と思う今日この頃である。正確なディレクションの意味を知らないままであるが、そして、王舟の話が長くなった(彼は昔から素晴らしい)が、さて私個人の目標「人間力」とはいかなるものか?と思われるだろう。それは、(できることは、必ずやる!)という意味合いである。「MAN POWER」である。よくよく考えて、妥協せず突っ走るということでもある。これはみんなやっていると思うが、とにかくやって、やって、やりまくれ!ということである。まぁ。出来ているかはわからないが、1か月に一度、仲原達彦と「新曲の部屋」なるものをrojiにて開催しているので、なかなか楽しい。やる直前までは、ヒーコラヒーコラバヒンバヒンとしているが、やった後は戦ったような気持ちや、快感のようなもので心地よいのである。ホライズンも、先日バウスシアターでの映像や、ホランソロジーやら(ジャケットが主)とできる限り、様々な方の強力な協力もありやらせていただいている。いや、やっている。あとは、なんやかんやホライズン以外でも誘っていただいたり、ありがたくいろんな場所でスーパードゥーパーさせていただいているのでいつも必死である。どこまでできるのか、できるうちにやったるで!と思うが、見てくれる奇特な人がいるので、ありがたいが、まだまだ目標はほど遠いのである。そうそう、先日、ホソマリちゃんに誘っていただいた七針「夏目×柴田×黒岡」という素晴らしい会があった。私黒岡は、お客さん一人一人が書いてくれたタイトルに、その場で曲を つけるという反則芸のようなものを行った。反則も何もないのだけれど、そうやりたかったのである。そうやろうと、試みたのである。しかし、40ある曲の20(くらい)しかできなかった。あとの20は後日!とアナウンスしたことが、頭にずっと引っかかっていた。やらなければならない!と。そんなことも、あんなことも、いろんな宿題が残っている。夏までに、、と思っていたが、まだまだ僕の夏は終わらなそうだ。そうだ。これを乗り切って、夏をぎゅぎゅっとしめるんだ。だいぶ遅い夏を。ということで、次の、プールに入り込みます。突入して25m泳ぎきって、みたいものです。「口は災いの元」「身から出た錆」と言いますが、自分のケツは自分でふき、次に進みたいと思います。モルディブに連れて行ってほしい。いや、行きたい!


2014/9/21 日曜
16:00/16:30
1800円/2000円
(出題者1500円 CDR付)
於 七針 http://ftftftf.com
出演 :
黒岡まさひろ

審査員 :
古澤健 (映画監督)
アニス&ラカンカ (米国歌手)
詳しくはこちら
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-09-01 17:05 | くろおか

黒岡オーケストラ「エスプレシーボ」

b0209827_1847432.jpg

(その日に書いた絵)
先日、といっても、もう6月のことになるが、素晴らしく若くうつくしい女性達に囲まれて、「黒岡オーケストラ」なるものを演じてきた。

More
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-08-22 18:48 | くろおか

遊びつかれた朝に

b0209827_1011191.jpg

2011年3月11日の震災の前、ビデオくんこと、VIDEOTAPEMUSICが吉祥寺のon goingというギャラリーで展示をするということがあり、ホライズンは、アフターパーティーに呼ばれ、特別へんてこ編成(ギャラリー仕様)で、ビデオくんと映像(アニメ)と音楽を一緒にやるという話で準備を進めていた。この時も、前日までギリギリになって、絵を描いたり、ビデオくんと僕で、「ああでもないこうでもない」と映像をつくっていた。11日の日にも最後の打ち合わせで、やること、やらなければいけないこと、用意する素材なんかを頭に浮かべながら、伴瀬と、ビデオくんと、僕で夜に会うことにしていた。ちょうど、そのとき、僕は、ビデオくんと「期待」の映像の編集なんかを一緒に何日かに分けてやっていたものだから、on goingで一緒にやる運びになったんだと記憶している。

その5日くらい前に、オープニングイベントがあり、あだち麗三郎と、アルフレッドビーチサンダルが歌っていたのを覚えている。僕は、そのオープニングイベントに顔を出させてもらった。イベントがはじまるの2時間前だっただろう、吉祥寺あたりを、ぐるぐる酒を呑みながら歩いていたら、近くの駐車場に、移動可能な車輪のような家と、ソーラーの力で最小限の電気をつくることができるモバイルハウスという簡素な乗り物のような家の中で、酒を呑んでいる人を見かけた。隣にいた友人が「この人は、坂口恭平さん、今度、本を出す予定なの。」と教えてくれた。僕は、硬い握手をして、「若者かな?」と思った。同じ年だった。その時、モバイルハウスの中にいた4人のうちの一人は磯辺凉だった。少し自己紹介など、話をして、ongoingに戻り、ビーチサンダルを聞いた。あだちくんと「富士山」を歌った。

11日。僕は、仕事をしていた。もう少しで仕事が終わるという時に、大きな地震があった。「あーわーわー」とかみんな言っている最中に、僕はささっと建物の外に出て、揺れを確認しにいった。というのは、嘘で、自分だけ助かろうとしていた。建物が崩れる気がしたからだ。しかし、崩れなかった。一緒に外に出ていたほんの数名と、「へへへ」みたいな笑い顔(お前、自分だけ助かろうと思ったろ、、と無言で言いあいながら)で建物に戻った。仕事場に戻り、テレビをつけたら、とんでもない有り様の映像が、続いていた。交通機関はストップした。ビデオくんに電話をかけた。電話が繋がらなかった。メールを出した。「今日は、仕事がすんなり終わらなそうです。終わり次第、すぐにかけつけます」とだけ送った。結局交通機関はマヒして、ただ事ではない雰囲気に包まれていた。ようやくビデオくんと繋がった。「明日のイベントは、主催者側から、キャンセルになりました、、、とありました。明日への準備は、しなくても良いことになりました。とりあえず家に帰って、様子を見てみましょう。」のようなやりとりをした。そして一緒に出ることになっていた、一度も会ったことのない小田島等さんとも、電話か、メールでやり取りをしていた。小田島さんから「こういうことで、イベントがなくなるのは遺憾。こういう時こそ、やらなきゃいけない。こういうことに屈してはいけない。」というやり取りをした。僕は小田島さんすごいなと思った。表現に生きる人なんやな、、と思った。まだいろんな事実が明らかになる前だった。とはいえ、壮絶な映像がテレビでは流れていた。11日の震災当日は、結局、(交通網がなくなっていたため)深夜に帰宅し、翌日のイベントのために、一日開けていた12日も、何もすることなくテレビを見ていた。

震災があって、その後いろんなことを考えたけど、ぼくはよくわからなかった。何を言えばいいのか、そこから乖離するのか、、、とか考えたけど、よくない方向に行きそうな気がした。結局「わからない」ですませる態度に出た。腹の中では考えながら、時折、信頼できる人に意見を聞いた。今はなき今井次郎さんにも「震災と、原発についてどういう風にお考えですか?」と聞いたのを思い出した。ほぼお客さんがいない円盤で2人でずっと話していたのを今、ふっと思い出した。今井次郎さん元気だろうか?

その後、坂口恭平さんが「独立国家のつくり方」という本のオープニングパーティーが六本木であったので行ってみた。九龍ジョーが司会をしていて、磯部凉がいた。僕は、大橋裕之さんと、ぶつくさぶつくさ「こういうクラブとか、オールナイトとか、いらっしゃりますか?ぼくどうやってとけ込んでいけばいいかわからないんですよね」と田舎から出てきた人のように話していた。大きなエピソードがあり、僕は、大橋さんと、小さな意気投合をして、話していた。

九龍ジョーと磯辺凉の対談形式の本「遊びつかれた朝に」が出た。。一気に読み終わった。僕が思い出したのは、先に書いたビデオくんと、震災前にやろうとしていたイベントのことだった。多分、いろいろそんな人たちが出てきたからだと思うが。先日、本の出版記念トークショーがあったので、九龍ジョーと磯辺凉に会いに行ってきた。トークショーは「とっちらかっていたでしょ」という意見もあったが、それ以上に、ひとつひとつのエピソードや街にかかわる話がとても面白かった。イメージが膨らんだ。その夜、僕は、新宿に一緒に連れて行ってもらい、新宿で紹興酒を延々と飲んだ。北沢夏音さん、前野健太さん、そこにいた人たちと、なんやかんや話した。いろいろ刺激を受けた。僕は、終電で帰ったのだが、多分の人たち、大方、朝まで飲んでいたんだろうなと思った。ああ。地で朝まで、新宿を練り歩く(かどうかはわかりませんが)2人をみて素晴らしいなと思った。街に住んでいる人だと思った。(ま、本当に勝手に思っただけで、そうではないと思うが)。

b0209827_2385644.jpg



そんなことを考えながら、今、VIDEOTAPEMUSICを聴いている。あだくろも聴いている。あだくろ、オラリーなんかを交えてやったコーラスグループバージョン、面白いなと思いました。

あと、個人的な告知を少しさせていただきます。

●6月18日「新曲の部屋」6曲目
http://newsongroom.tumblr.com/post/83989220952/6
新曲の部屋も、折り返し地点まできました。6月は、尊敬するアチコさんです。いろいろ話もたのしみです。チケットも残りわずかに、少なくなってきております。予約よろしくお願いいたします。

6月21日「紙コップス2ndCD-R『紙コップス2』レコ発」
@鶴舞KDハポン
ジェット達/黒岡オーケストラ(黒岡まさひろfromホライズン山下宅配便×名古屋学芸大学ブラスバンド部)/紙コップス
18:00/19:00 予約当日¥2,000 (D別)
紙コップスに華を。ということで、僕黒岡が、オーケストラ編成で10人くらいでやります。どうぞお楽しみに。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-06-11 23:07 | くろおか

ここ1ヶ月の黒岡 4月12日〜5月17日まで

4月12日 @バサラブックス どついたるねんと「かくれんぼ」
告知映像→https://www.youtube.com/watch?v=h1YB3gixk60
5日前、バサラブックスに行き、店長の関根さんと話をしていると、「黒岡さん、最後バサラ改装に入るんで、なんかやってくれませんか?」と言われた。空いているスケジュールを言うと、「どつ」と何かやってくださいよ。と。そのとき、「じゃ、かくれんぼやりましょう」と言った。瞬発力の言葉。あまり、細かいことは決めず、イメージと、襲撃のことばかり考えて、当日をむかえた。「ペンキをかけまくりたい」「ぶちこわしたい」そのことを関根さんに伝えておいた。
当日、お昼に行くと、バサラももう壊しちゃうということで、何も無くなったがらんとした部屋で、歌い終わった、座っている澤辺くんを見た。(午前中に、スカートの澤辺くんが、歌ってぱんぱんだったらしい)少し、挨拶をして、「あ。つるはし買ってきます」と伝え、外に出た。道ばたで「ワトソン」と会う。一人で、吉祥寺でつるはしを探す。開演までに発見できず、代わりにハンマーを購入して、「どつ」のみんなと会った。おおまかに決めてイベントはスタート。途中から、ウガイが、すらすら録音していった。「かくれんぼ」というものを2回やって、イベント終了。楽しかった。その後、吉祥寺で、飲む。
b0209827_17132281.jpg

↑)大橋裕之さんの、「かくれんぼ」ジャケットです。
b0209827_1714296.jpg

↑)かくれんぼ後の、どつ たす くろ
吉田翔太朗くんの写真とブログ→http://blog.livedoor.jp/shohphoto/archives/38269760.html

4月16日 @roji 嫁入りランドゆかちゃんと「新曲の部屋4曲目」
http://newsongroom.tumblr.com/
b0209827_9462413.jpg

素晴らしいラップができた。ゆかちゃんがラップが好きだということがよくわかり、ラップバトルも8回戦くらいやりました。とても、好奇心が、くすぐられた。ゆかちゃんも良かった。見に来ていた嫁入りランドのメンバーが、みんなお母さんみたいで、微笑ましかった。ゆかちゃんが、もごもごしゃべっている中で、めいちゅんや、みゆととが「それは、こういうことです」と付け加えたり。とはいえ、柔道部のサトウユカ素敵でした。途中、機材の調整をしている最中、急遽アンケートをとった。「今度、ゲストに来ると良いと思う人は、どなたですか?」とか。

4月18日 @エビスヤプロ ホライズンで、シャムキャッツのリリースパーティに参加
b0209827_930323.jpg

nothing face from corombia→ホライズン山下宅配便→シャムキャッツという流れ。
最初に出たnothing face from corombiaに、岡山の強さをあまりにも感じさせるactに、僕も増長された。興奮した。エビスヤプロの2人は、「しょうもない」と言っていたが、 僕は、東京にない力強さを感じた。あまりに増長された想像力もあり、壁蹴り選手権なるものに参加を表明し、そのまま、忍者ハットリくんのように、1回転しようと思ったが、できず、下に落っこちて、足を強打する。そのまま足を引きずりライブを行う。途中、物語が降ってきて、竜宮城に行った。ホランソロジーも売れた。シャムキャッツも、nothingface from corombiaも最高でした。

4月21日 @WWW 「アルフレッド大好き芸人」に参加
http://love.alfredbeachsandal.com/
b0209827_9531713.jpg

植本一子ちゃんと、岸田くんに挟まれながら、ガヤをいれることに徹した。リハーサルで飛ばしすぎて、本番は、おとなしかったかもしれないなと、思うが、トークの感じと、全国に配信されているということを考えて、小さくまとまったかもしれません。もっと、イメージとか考えず、ぶっ込んでいきたいと感じました。です。

4月26日 @新宿
好きな二人とセッティングしてもらって飲む。

4月29日〜5月7日
b0209827_9495534.jpg
b0209827_9494696.jpg

休暇(個人的にはベニスに行っていた気分であるが、大阪に行ってきました。)

5月7日 @roji ダニエル・クゥオンと「新曲の部屋5曲目」
http://newsongroom.tumblr.com/
b0209827_9475092.jpg

ドキュメントだなあ、、を強く感じた。「音楽は国境を越えるんじゃなかったのか?」という芦田くんのツイートを見る。コミュニケーションを、外国の人ととるためには、どうすれば良いんだろう。と思ったり、相手のことを、うやまったり、いじめたり、知らんフリをしたり、いろいろ考えたりした日々になった。司会でもあり、一緒にやっている仲原達彦も「HPががつがつ削られたけど、経験値が上がった」と。僕も、いろいろ考えれたので、何事も経験と思った。そういう日があって良いと思った。まったくお客さんのことを考えられなかった1日となり、それだけが心残りだった。

5月9日 @新宿タワーレコード 伴瀬朝彦「カリハラ インストアイベント」
b0209827_9203240.jpg

司会を、しんくん(片岡シン)と僕でまかされて、「オタクの格好をして来よう」ということだけ決めて、臨む。イベントまで、オタクとは一体何か?ということを考えながら、僕は、「サロマ湖」シンくんは「幽玄さん」になりきって、司会をしていったものの、伴瀬の話まで行くのに時間がかかった。伴瀬の新たなPVが公開され、見たが、とても良かった。カリハラの歌

5月15日 @roji「笑ってバイとも」第2回目に、シンくんと黒岡で出る
b0209827_9334113.jpg

http://warattebaitomo.tumblr.com/
「好きなことをしゃべっていいです」というBIOMANに誘発されて、いろんな話を、ざっくばらんにした。これが、ユーストリーム放送とかしていたら、しゃべれないことがたくさんあったのでは、と思ったりして、全部思いついたことをしゃべった。自分が思っていることの少しはしゃべれたのではと思った。サイトウジュンさん、北里さん、ビデオくん、アツミくんの、質問に、わりかし真面目に答えさせていただきました。頭の中に、思いついたことを、「GO」か、「NOT GO」か、選択しながら、しゃべるのは楽しい。頭の中に、おもいつくことが、8個あれば、どれを出そうか、考えられる。実際に、たくさん、想像できれば、その分選択肢が広がるし、一番面白い方向にたどっていけば良い!

5月17日 「マリ子の部屋」@七針 柴田聡子/夏目智幸/黒岡まさひろ 弾き語り
b0209827_9382080.jpg

夏目くんと、柴田さんと、黒岡ソロ、というイベント。僕が何故かトリだったので、これまでに練習していた、ホライズンの曲や、何やらを、いったん白紙にして、別のやり方で、ライブを組み立てようと思ったのが1日前。あとは、そこに向かって、イメージを組んでいき、準備をして、ライブをやった。その分宿題が増えたのですが、とても刺激的だった。
夏目くんの、ソロで、RCの「たとえばこんなラブソング」を歌ったので、少し興奮した。柴田さんの歌は、何かを切り取るし、刺激がある。素敵な1日となった。最後に、国立で開催ができなかったポールマッカートニーにちなんで、ビートルズの歌を3人でカバー。「イエスタデイ」と「キャント バイ ミー ラブ」を歌う。七針にビートルズのタブ譜があったので、それを見ながら、大学のフォークサークルの用に歌う。「あ。イエスタデイって、ポールと、ジョンの共作何ですね」と言った柴田聡子に、驚愕した。そしてホソマリちゃんのカレー美味しかったです。来て、見ていただいた方、ありがとうございました。来ていただいた方には、、首を長くしてお待ちください。

という1ヶ月でした。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-05-21 09:50 | くろおか

2007年のホライズンの写真が外苑前から出てきた

b0209827_9382340.jpg
b0209827_9381425.jpg
b0209827_938757.jpg
b0209827_9375895.jpg
b0209827_937501.jpg
b0209827_9374183.jpg
b0209827_9373382.jpg

[PR]

by horaizunyt2 | 2014-05-16 09:38 | くろおか

新曲の部屋5曲目、6曲目、7曲目のお知らせ

b0209827_16582887.jpg

おはようございます。10日ほど前の早朝6時20分に携帯にメールが送られてきました。早朝、深夜、メールが入ってくることは、さほど珍しくないので、「なんやろ?」と思ったのですが、そのメールは差出人も不明でした(登録されておらず)。しかも、英語で書いてありました。バンドメンバーから来る冗談には高度すぎるし、わけがわからない。わたしも、義務教育をはたしてきた人間の端くれでありますので、英語はなんとなく読めると思い込みちょっと解読しようと思いました。そして、さっと(2秒くらい)読んでみた結果、その文章には、きっとこんな内容が書いてあると理解しました。
b0209827_16504422.jpg


Hi!ハロー!親愛なるby for now黒岡さん野郎。いかがお過ごしでしょうか?あなたと一緒にドキュメントやりたいよ。ぼくは。ご一緒にコンポーズする運びになったことを喜び、楽しみにしています。ですので、いまからイマジネーションたる由縁のもの集めては、所有することを一生懸命にして、時間を過ごすことを、コンポーズしています。今から、だから、僕たちは友達だな。もし、ぼくにアドインしてくれるなら、メールをヘンシンてくれるなら、もっと、さらにの仲になれるとは思わないか?バット ノッシング BY FOR NOW。
(邦訳 黒岡まさひろ)


あ。これは5月に「新曲の部屋」でご一緒するDaniel Kwonからメールが届いたんだと、勝手に思ったわけです。それにしても、僕のメールアドレスを誰か知人に聞いて、「よろしくお願いします」と来るなんて、律儀な外国人だなと思いました。しかし僕の英語の読解力少ないなと反省しつつ、5月のダニエルは、紳士的な外国人であるに違いないと、感度の良い私は、その時、思ったわけであります。そこで私も、「ナイス トゥー ミーチュー。こちらこそ、よろしくお願いします。私も楽しみにしています」と英語で返信しようと試みてみました。とはいえ、ちゃんと文章を練り上げてから返信しようと思っていたのもあって、すっかり忘れて時間がたってしまいました。ま。結果放っておいてしまったことになってしまったわけでありまして。
数日して、「新曲の部屋」を一緒にクリエイトしている仲原達彦に「ダニエルから、こんな律儀な文章が来た」とメールを送ったら、「完全にスパムですね」と来た。あ。そうなのね。と思いました。

ということで「新曲の部屋」3ヶ月連続で告知します。4月までもそうですが、豪華メンツです。売切もございますので、ご予約をおすすめいたします。

2014年5月7日(水)ゲスト Daniel Kwon
2014年6月17日(水)ゲスト アチコ(Ropes)
2014年7月23日(水)ゲスト 川辺素(ミツメ)

5月〜7月公演
会場19:30 開演20:00(会場/開演時間が4月までより30分繰り上がりました)
場所 roji(阿佐ヶ谷)
司会 仲原達彦
料金 1500円+drink
予約 お手数ですが下記urlよりお願いします→
http://newsongroom.tumblr.com/
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-28 16:58 | くろおか

ありがとうございます。

石黒さんが文章を書いてくださりました。読み応えあります。15,000字。ありがとうございます。

「ホライズン山下宅配便「ホランソロジー」から聴こえてくる、水平線の“向こう”と“こちら”のサウンド」

http://asianplasticparty.com/blog/?p=5067
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-24 11:42 | くろおか

「どうやらBob Dylanも来日するみたいですね」とメールをしたら「今日ですよ22,000円(笑)」と返信があり

b0209827_20272736.jpg
b0209827_20272015.jpg
b0209827_20271339.jpg
b0209827_2027592.jpg
b0209827_20265781.jpg
b0209827_20264785.jpg
b0209827_20264026.jpg

[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-01 20:42 | くろおか

体温が2度あがった出来事

b0209827_2093363.jpg
b0209827_2092667.jpg
b0209827_2091849.jpg
b0209827_209944.jpg
b0209827_2085835.jpg


今週発売のビックコミックスピリッツに僕と同じ名前の人が出てきます。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-04-01 20:10 | くろおか

転がる石の音楽室

b0209827_1114110.jpg
b0209827_1113498.jpg
b0209827_1112646.jpg
b0209827_1111682.jpg
b0209827_111865.jpg
b0209827_111698.jpg


More
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-03-03 17:00 | くろおか