地平線と山が重なりあう日

インド日誌5「11/17早朝のガンジス川、公園で歌う、アグラへ移動」

b0209827_1052169.jpg

b0209827_10532128.jpg

b0209827_10534744.jpg

b0209827_10542843.jpg

b0209827_105622100.jpg

b0209827_10564632.jpg

b0209827_10585313.jpg

早朝5時30分にガンジス川の朝日を見に行くためホテルのロビーで車を待つ。ガンジス川を船でゆらゆらとして、向こう岸の砂漠地帯まで行く。朝日がどんどん昇ってきて人も増えてくる。そういえば、今日は1年に1度の大きなお祭りだそうだ。そんなこと関係なく、たくさんの人で、早朝にぎわっている。みんな川に朝あつまるのが日課なのだそうだ。向こう岸に着いた次点で、川に入る。いつの間にか、みんなも入っていた。
帰って9時、ホテルで朝ごはん。僕らは、それまで、近くの公園で、街の若者たちと交流を図る。ギターを持って行って、歌う。歌っていたら、いろんな人たちが集まってきたりした。なんやかんや話をしているうちに、似顔絵を描いていたら、たくさんの似顔絵を描くことになってしまった。8人くらい描いたがどれも似てないな。昼の時間、公園でたくさんの人たちとコミュニケーションをとった後、ホテルに戻る。駅まで送ってもらい、18時に電車に乗り込む。アグラまで。車内で、伴瀬と一尊と、アグーラーにまつわるクイズ大会をした。初めて地球の歩き方を真面目に読んだ。面白かった。
[PR]

by horaizunyt2 | 2015-11-28 11:02 | インド日誌2015
<< インド日誌6「11/18タージ... インド日誌4「11/16ガンジ... >>