地平線と山が重なりあう日

ここ1ヶ月の黒岡 4月12日〜5月17日まで

4月12日 @バサラブックス どついたるねんと「かくれんぼ」
告知映像→https://www.youtube.com/watch?v=h1YB3gixk60
5日前、バサラブックスに行き、店長の関根さんと話をしていると、「黒岡さん、最後バサラ改装に入るんで、なんかやってくれませんか?」と言われた。空いているスケジュールを言うと、「どつ」と何かやってくださいよ。と。そのとき、「じゃ、かくれんぼやりましょう」と言った。瞬発力の言葉。あまり、細かいことは決めず、イメージと、襲撃のことばかり考えて、当日をむかえた。「ペンキをかけまくりたい」「ぶちこわしたい」そのことを関根さんに伝えておいた。
当日、お昼に行くと、バサラももう壊しちゃうということで、何も無くなったがらんとした部屋で、歌い終わった、座っている澤辺くんを見た。(午前中に、スカートの澤辺くんが、歌ってぱんぱんだったらしい)少し、挨拶をして、「あ。つるはし買ってきます」と伝え、外に出た。道ばたで「ワトソン」と会う。一人で、吉祥寺でつるはしを探す。開演までに発見できず、代わりにハンマーを購入して、「どつ」のみんなと会った。おおまかに決めてイベントはスタート。途中から、ウガイが、すらすら録音していった。「かくれんぼ」というものを2回やって、イベント終了。楽しかった。その後、吉祥寺で、飲む。
b0209827_17132281.jpg

↑)大橋裕之さんの、「かくれんぼ」ジャケットです。
b0209827_1714296.jpg

↑)かくれんぼ後の、どつ たす くろ
吉田翔太朗くんの写真とブログ→http://blog.livedoor.jp/shohphoto/archives/38269760.html

4月16日 @roji 嫁入りランドゆかちゃんと「新曲の部屋4曲目」
http://newsongroom.tumblr.com/
b0209827_9462413.jpg

素晴らしいラップができた。ゆかちゃんがラップが好きだということがよくわかり、ラップバトルも8回戦くらいやりました。とても、好奇心が、くすぐられた。ゆかちゃんも良かった。見に来ていた嫁入りランドのメンバーが、みんなお母さんみたいで、微笑ましかった。ゆかちゃんが、もごもごしゃべっている中で、めいちゅんや、みゆととが「それは、こういうことです」と付け加えたり。とはいえ、柔道部のサトウユカ素敵でした。途中、機材の調整をしている最中、急遽アンケートをとった。「今度、ゲストに来ると良いと思う人は、どなたですか?」とか。

4月18日 @エビスヤプロ ホライズンで、シャムキャッツのリリースパーティに参加
b0209827_930323.jpg

nothing face from corombia→ホライズン山下宅配便→シャムキャッツという流れ。
最初に出たnothing face from corombiaに、岡山の強さをあまりにも感じさせるactに、僕も増長された。興奮した。エビスヤプロの2人は、「しょうもない」と言っていたが、 僕は、東京にない力強さを感じた。あまりに増長された想像力もあり、壁蹴り選手権なるものに参加を表明し、そのまま、忍者ハットリくんのように、1回転しようと思ったが、できず、下に落っこちて、足を強打する。そのまま足を引きずりライブを行う。途中、物語が降ってきて、竜宮城に行った。ホランソロジーも売れた。シャムキャッツも、nothingface from corombiaも最高でした。

4月21日 @WWW 「アルフレッド大好き芸人」に参加
http://love.alfredbeachsandal.com/
b0209827_9531713.jpg

植本一子ちゃんと、岸田くんに挟まれながら、ガヤをいれることに徹した。リハーサルで飛ばしすぎて、本番は、おとなしかったかもしれないなと、思うが、トークの感じと、全国に配信されているということを考えて、小さくまとまったかもしれません。もっと、イメージとか考えず、ぶっ込んでいきたいと感じました。です。

4月26日 @新宿
好きな二人とセッティングしてもらって飲む。

4月29日〜5月7日
b0209827_9495534.jpg
b0209827_9494696.jpg

休暇(個人的にはベニスに行っていた気分であるが、大阪に行ってきました。)

5月7日 @roji ダニエル・クゥオンと「新曲の部屋5曲目」
http://newsongroom.tumblr.com/
b0209827_9475092.jpg

ドキュメントだなあ、、を強く感じた。「音楽は国境を越えるんじゃなかったのか?」という芦田くんのツイートを見る。コミュニケーションを、外国の人ととるためには、どうすれば良いんだろう。と思ったり、相手のことを、うやまったり、いじめたり、知らんフリをしたり、いろいろ考えたりした日々になった。司会でもあり、一緒にやっている仲原達彦も「HPががつがつ削られたけど、経験値が上がった」と。僕も、いろいろ考えれたので、何事も経験と思った。そういう日があって良いと思った。まったくお客さんのことを考えられなかった1日となり、それだけが心残りだった。

5月9日 @新宿タワーレコード 伴瀬朝彦「カリハラ インストアイベント」
b0209827_9203240.jpg

司会を、しんくん(片岡シン)と僕でまかされて、「オタクの格好をして来よう」ということだけ決めて、臨む。イベントまで、オタクとは一体何か?ということを考えながら、僕は、「サロマ湖」シンくんは「幽玄さん」になりきって、司会をしていったものの、伴瀬の話まで行くのに時間がかかった。伴瀬の新たなPVが公開され、見たが、とても良かった。カリハラの歌

5月15日 @roji「笑ってバイとも」第2回目に、シンくんと黒岡で出る
b0209827_9334113.jpg

http://warattebaitomo.tumblr.com/
「好きなことをしゃべっていいです」というBIOMANに誘発されて、いろんな話を、ざっくばらんにした。これが、ユーストリーム放送とかしていたら、しゃべれないことがたくさんあったのでは、と思ったりして、全部思いついたことをしゃべった。自分が思っていることの少しはしゃべれたのではと思った。サイトウジュンさん、北里さん、ビデオくん、アツミくんの、質問に、わりかし真面目に答えさせていただきました。頭の中に、思いついたことを、「GO」か、「NOT GO」か、選択しながら、しゃべるのは楽しい。頭の中に、おもいつくことが、8個あれば、どれを出そうか、考えられる。実際に、たくさん、想像できれば、その分選択肢が広がるし、一番面白い方向にたどっていけば良い!

5月17日 「マリ子の部屋」@七針 柴田聡子/夏目智幸/黒岡まさひろ 弾き語り
b0209827_9382080.jpg

夏目くんと、柴田さんと、黒岡ソロ、というイベント。僕が何故かトリだったので、これまでに練習していた、ホライズンの曲や、何やらを、いったん白紙にして、別のやり方で、ライブを組み立てようと思ったのが1日前。あとは、そこに向かって、イメージを組んでいき、準備をして、ライブをやった。その分宿題が増えたのですが、とても刺激的だった。
夏目くんの、ソロで、RCの「たとえばこんなラブソング」を歌ったので、少し興奮した。柴田さんの歌は、何かを切り取るし、刺激がある。素敵な1日となった。最後に、国立で開催ができなかったポールマッカートニーにちなんで、ビートルズの歌を3人でカバー。「イエスタデイ」と「キャント バイ ミー ラブ」を歌う。七針にビートルズのタブ譜があったので、それを見ながら、大学のフォークサークルの用に歌う。「あ。イエスタデイって、ポールと、ジョンの共作何ですね」と言った柴田聡子に、驚愕した。そしてホソマリちゃんのカレー美味しかったです。来て、見ていただいた方、ありがとうございました。来ていただいた方には、、首を長くしてお待ちください。

という1ヶ月でした。
[PR]

by horaizunyt2 | 2014-05-21 09:50 | くろおか
<< ラストバウスラストライブ 2007年のホライズンの写真が... >>