地平線と山が重なりあう日

歌があたまにはりついた

b0209827_9403166.jpg


夕暮れの空に金魚をおいかけ ぼくらは竹ざおみたいな脚を 土手につきさしてさまよった
ぱきぱき音たててさまよった 景色がまっかっかに腫れちゃった そんなさびしい上空で
知久さんの歌った「らんちう」の一部


今年の矢川フェス。取り壊されるため最後の矢川フェスに行った。最後に出てきた「たま」の知久さんが、変わらずそこに立っていた。それを見て僕は勇気がわいてきた。そして、そのセンスにやっぱり脳みそがグワングワンの後、ぱーーと開いて、素晴らしい経験だった。もっと、もっと世代の違う先輩の歌を触れていなくてはいけないなと思った。そして「うた」って歌い続けるとすごく力強いものになるな〜と思った。それとは別に「たま」を昔から聴いていたので、「少年の僕を思い出す」というそんな素敵な経験をした。中学生のときか、小学生の時か、車の中で、聴いていたりしたことを思い出したりして。

あまりにも知久さんが素晴らしかったので、他の出演者のことを、思い出さなければ書けないのですが、mmmが良かった。ゾワッとしたし、花が開いている感じがした。ライブ前にいろいろ話をしたので、それも含めて、ステージがきらめいていた。そして、外的要因で言うとみんながmmmに対する視線も、1年前とは結構変わっているようにと感じた。そういう場所でしのいできた貫禄のようなものをやっぱり感じた。そしてまたまたどっしりとした感じを受けた。

倉林→天才です。mmmとビーサンといろいろ話をしていたので最後しか見れなかったのが悔しいが、やっぱり倉林は5秒見ただけで天才だとわかる。ライブ中の顔がいい。下にゴロゥちゃんがあげてくれた映像が。

とにかく、いろんな人といろいろ話した。昼間から酒を呑んで普段あまり話が出来ない人と話ができるというのが、フェスの長丁場の良いところだ(と思っている)。(僕には音楽を7時間とか聴き続ける体力がありません)。昼間から酒を呑むと言うことも素敵な気がするし。子供達がいたという、何かピースフルな感じ。(もちろん夜の大人の会合も好きです)


そして、今回の矢川フェスは、(フェスというくくりがよくわからないが)、とても丁寧につくられているという感じがした。主催者であるえんちゃんの気の使い方(もともといろいろ頭がいいので、いろんなところに目が行く人ですが)、家を提供してくれている、太っ腹な野津山さんと、ゆうきくん、まずこの3人がいるという心地よさと言ったら!それをがっちり固めるスタッフ、フード、この裏方的な仕事が、全部、愛情を感じずにはいられないフェスだなぁと思った。こういうことが充実しているのを感じると、本当に気持ちいい。これはアメリカ的に言うとサービスなのかもしれない。日本的に言うと、「おもてなし」とでも言おうか。そこに強烈な出演者がくわわることによって、素晴らしいものとなる。素晴らしい日になる。音楽と、飯がうまくて、ドリンクが充実している。この3つがあるという喜び。そして、居心地が良くなるから本当に素晴らしい。すべて、DIYでやっているのにかかわらず、すごい心地の良いレベルだった。しかも来た人たちをおもてなしする心で溢れていたのが、本当に素晴らしいことだと思った。それがうまくこの規模で機能している気がしたので。お客さんの方もとても温かい視線だったのではと思った。

楽しかったです。僕も個人的にとても楽しみました。

矢川フェスの詳細
Qさんのまとめ





下記倉林哲也↓(ホライズンのドラムを叩いている人)

ゴロゥちゃんが撮影して、アップしてくれました。


昨年の矢川フェス→(去年は、ビーサンのことばかり書いてあるな。もうビーサンをとりまく環境は変わっている。歴史だね〜。そうそう。三輪二郎さんと一緒にがっつり話したのも矢川フェスがきっかけだったんです)
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-05-28 01:53 | ライブ後日談
<< ヒゲへの憧れ 「議論ではなく対話」 >>