地平線と山が重なりあう日

FRIENDLY HEARTS OF JAPAN 、訳すと「日本の優しいこゝろ」

BLANKEY JET CITY というバンド、ほとんど知らないけど、youtubeでみた画像がなかなかよろしかった。悪い空気、悪そうな空気、これはやっぱり格好いいんだということ。何故だろう。惹かれてしまう何かがある。これがロックの一つの要素なんじゃないかと思う。思っている。危なさ、危うさ、危険な匂い、死にそな予感、その中で光る魂。これが見えたら、何かすいこまれるのです。僕は。
前置きが長くなってしまったが、FRIENDLY HEARTS OF JAPAN はこういう要素があるんじゃないかと思っている。BLANKEY JET CITY と似ているとはいわないが、何か、僕は共通に感じてしまう何かがあるのではないかと思うのです。アメリカのロックというか。アメリカの夜のライブハウスの匂いがする。吉田のヤサグレタ感じが、似ても似つかないBLANKEY JET CITY から勝手につながった夜なのでありました。







BLANKEY JET CITY→悪い人たち
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-04-10 01:55 | くろおか
<< 宿はなし 生きる道みつけたり >>