地平線と山が重なりあう日

今日の一日フィードバックカムバック

ラジオに雨の中出演→その後横浜まで移動→黄金町にてライブの変遷たるやいかにや



降りしきる雨の中 2人はお役所へ急ぐ
ジューンブライド ジューンブライド ジューンブライド
君だったんだね
あんな男 引き受けたのは 優しい君さ イエー(続く)


今日は黄金町で演奏をしてまいりました。何故かSEに清志郎のCDがずっと流れていて、ついつい聞き入ってしまいました。僕も結構聞いた口であります。清志郎は本当にいい声で震わせるなあと心にふさふさ(グサグサの優しいときに使う擬音語)としみいってしまいました。あらためて素晴らしいミュージシャンだったのだと思いました。

そういえば、今日は、いきなり雨でした。ホライズンのメンバーは晴れ男ばかりなのに、先日は雪が降りましたし、不思議な気分です。本日は雨で始まって、本日中野の某所にてインターネットラジオradioDTMでラジオの収録。いろんな経緯のつながりがあり、ラジオに収録の話になりました。伴瀬は昨日mmmのレコ発にて、渋谷にお泊まりしてそのまま来ました。倉林が、体調不良で欠席しました。いちおうラジオは倉林もいる体でやっていますので、その辺りも興味のある方は是非聞いてください。ただ恥ずかしいな。
radioDTM
ラジオのため中野坂上で待ち合わせ。いろいろ準備していてついたら、さらに降っていて、傘のない僕と伴瀬はずぶぬれになりながら、歩きました。
b0209827_232513.jpg



雨に降られて、収録を終えて、いざ、黄金町へ。傘をいただきました。黄金町までの道のりの睡眠がなんとも気持ちよかったこと。東横線の座席シートがあまりに硬く、「なんだ!これ!」とか文句を言って座ったものの、ポカポカヒーターが入っていて横浜までどっすり(ぐっすりの半分)眠りました。

リハーサルをして本番を迎える直前、生気のみなぎっている三輪二郎を発見。
どうやら、最初に出る「国際おばけ連合」にゲストで出るという。そこでふと「ホライズンのライブでは何か起こる」というしんくん言葉を思い出した。僕は三輪さんにお願いして、「赤い赤い」という歌でハーモニカをプレイしていただくことにした。運良くDのハーモニカをお持ちで、三輪さんも快く受け入れてくださり、同じステージに立ちました。
三輪さんの音には意志があり主張があり、僕の尊敬するアーティストのひとりだ。
三輪さんと一緒にやると素敵なファンタジーが生まれると思ったのだ。結果三輪さんと僕たちは音楽の中でソウルして、トレインのように駆け抜けた。
「期待」でもすごいコラボレーションをしたと思うが、これは書くと野暮ったくなるのでヒ・ミ・ツ!

えっ。三輪二郎とホライズン?と思うかもしれないが、これがなかなか良いのです。ライブ終了後の中華料理屋で「今年はフェスにでよう!」と三輪二郎と意気投合し、「ホライズンと三輪二郎」をセットで呼んでくださるよう願いを込めて、twitterに「三輪二郎とホライズン山下宅配便を夏のフェスティバルにセットでよんでくださるフェスティバル関係者を募集しています。よろしくお願いします」という文章をのせた。是非セットで呼んでもらいたい。ま。セットでなくても、三輪さん、ホライズンをタンピンで呼んでもらいたいのですが(三輪さんもそういう気持ちだろうが)・・・・今年はセットで呼んでもらいたいのです。(別に一緒に何かやるとかそういうことではないですが、多分)呼んでくださるフェスの方お待ちしております!

あと一つ感動したことがあった。「神奈川にくるの待ってたんですよ」とホライズンを見に来てくれたという人がいたよ〜と、帰り道の電車で聞いた。そういうのはジーンとなりますね。名古屋にはかっつんさんがいるし、各地でそういう人がいると、より頑張れますね(ま。単純に嬉しいと言う話だけですが)。是非いろいろ行きたいです。多分待っている人がいるはず。


b0209827_2324063.jpg

↑中華料理やの絵画というか絵に心を打たれた。
・「国際オバケ連合」のデティールにみとれて、イメージがばりばり浮かんだ。
・「よたか」にサンタナをみた。
良い夜だった。試聴室でまたまた本を買い込んだ。これまたトイレにおいてじっくりと、鞄に入れて出先で読もう。
次回は3/25渋谷タワレコ無料ライブです。4/7は水中と2マンです!お越し下さい。
横浜ありがとう。試聴室ありがとう。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-03-18 02:48 | くろおか
<< 歌詞についてかんがえていること haro- naisu to ... >>