地平線と山が重なりあう日

しまうま

b0209827_349291.png


さあ、明日「期待」のCD発売です。

シングルの発売だから何かやろうということで、4人で飯を食べているときに、誰かが、「しまうまと歩けばよいんじゃないですか?」というようなことを言って、その言葉に惹かれていった。大体4人で話をしているときに全部決まる。何かのアイデアが生まれる。そんな4人だと思っている。(いつも出る訳ではないが)そして、あたかもそれは決まっていたかのように、ことが進みはじめた。
いやはや。どうしよう。1月の半ばくらいで、「このシマウマプロジェクト」は決まった。そこで、僕たちは、どういう経緯か忘れてしまったが、map(なぎ食堂)の小田さんに協力をしていただくことになった。ブリッジの新実さんも手伝ってくれるということになり、黒岡、小田さん、新実さん、こっちゃんという4人でチームを組みしまうまプロジェクトを進めるというかたちになった。

なるべく他のメンバー(伴瀬、一尊、倉林)は、こういうこと意外に、音の面で(次回のアルバムも控えているので)、集中してもらいたいと思っていて、他のメンバーは、ほとんどどういう風に決まっているかをしらない。何がおこるかほとんど知らない。プロジェクトをすすめるにつれて、メンバーが何が起こるかしらないようなかたちで物語が始まりだすと面白いということになった。そのときどきの対応が見えるからだ。多分面白いことになると思う。

そして、僕たち「しまうまプロジェクト」のメンバーはどこをどうまわるかを話し合い、大体の感じをつくり詳細を詰めていった。協力してくださる場所、店舗が様々あり、本当に感謝している、今、ここで書くといろいろネタバレになるので、また後日書くか、なにかにしてまとめたいと思っている。しまうまプロジェクトには本当にたくさんの人に関わっていただいている。

これは最終的にいろいろな風にまとめれればよいと思っているので、そのときに、全部クレジットを書きたい。壮大なことになると思う。(それほど期待しすぎると、よくないですが)

僕ができることは、いろいろやってきたが、最近(ここ5日)はほとんど、僕以外のところで、プロジェクトは進んでいて、もう、ほとんど僕も何がおこるかわからないような部分がある。それは本当にこのプロジェクトのために動いていくれている人たちのおかげで成り立っている。僕が、いや、僕たちホライズンがやることは、とびらの向こう側に行くと言うことだけだ。というとかっこ良すぎるので、ちょっと頑張るだけだ。しかし、本当にいろいろな人たちが水面下でも動いていて、このプロジェクトが成功することを祈っている。

あとは体力と、気力勝負だ。

是日雨が降らないで欲しいと祈るが、雨が降ったら、雨が降ったらで、何かやります。
雨にはまけないようヒートテックを4枚重ねて行こう。

是非、参加できる方、ひやかしもOK、来てください。おもしろいことになると思います。是非是非しまうまを見て欲しい。遠方で来れない方、仕事で来れない方、全然大丈夫です、

そのためにユーストリームがあります。
生で見なくとも、何かが映るかもしれません、

こうご期待、僕も楽しみです。

今日はしっかり練習してきました。

最後のロフトは無料なので、どなたもお気軽に足をお運ばせください。ちょっと終わるのが遅いですが。始まるのも11時なら終わるのも11くらいを目指しています。

では、あえますように。
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-02-29 00:01 | くろおか
<< 「ありがとうございます」 しまうまイベント >>