地平線と山が重なりあう日

レコード、CDの想像力

というほどではないけれど、

昼間に「スカート」を聴いていた。彼のCDを持っている人は、本人を見たことない限り、どんな人が歌っているかわからないはずだ(僕は知っているけど)。どのアーティストにしてもそうだが、ジャケットから、どんなグループなのか想像するときがある。CDジャケットにメンバーが載っていなければ、どんな人が歌って演奏しているのかを想像しなければならない。

むかしのレコードは、まったく情報が書いてなくて、絵だけどんとイメージとしてつたわってくるから、やせなのか、太っちょなのか、まったくわからない。想像だけで、勝手なバンドイメージをつくっていた。日本盤ならば、解説をよんで、「この曲はギルバート(例えば)がつくった珍しい曲である」とかいうのをみて、「そうなんや」と思ったり、ギルバートが誰かを知らなくても、そういうイメージだけどんどん増えていって、いつか「こんな人だったのか!」となる。今は、パソコンもあれば、ユーチューブで映像を見ることもできる。調べようとすれば、誰かが、デジタルの膨大な海の波の狭間に投稿したイメージを探すことができる。想像をする前に、答え(なのか、それは)にたどり着いてしまう。想像も込みで、答えだと思っているのだが、最近は「答え」が多すぎて想像をはたらかせる前に「答えらしきもの」を目で見て、簡単に折り合いをつけているかもしれない。

先日、伴瀬と西武新宿線にのりこんだ。丁寧で可愛い女性の車掌の声がした。伴瀬はおもむろに言う。「この車掌は少し、背が小さくて、顔が少し平べったい。太っているわけではないけど、目が少し離れていて、髪はソバージュのような感じだ」ほうほう。いや、この声質からすると「結構普通の女の子だね」とか、僕と伴瀬の過去のイメージの声を擦り合わせながら、眼鏡はかけているか、とかそういうのを、駅に着くまで話し合った。駅に到着して、車掌さんが通り過ぎるのを、「どんなやつだったんだ!」とチラ見しているおっさん2人組は、気持ち悪い絵だったに違いない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日は「期待」について
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんなイベントもあります。先日お知らせしましたが、3/3ひなまつり女性だけのイベントです。
予約は下記からしてみてください。
http://imotakonankinkabocha.tumblr.com/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[特報]25日土曜日 期待のPV、youtybeにあげます!!!12時をおまちください!
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-02-24 00:01 | くろおか
<< 期待 大恋愛 >>