地平線と山が重なりあう日

CDの棚に並べて欲しい デザイナーの人

b0209827_21523865.jpg


「デザイナーって。クライアントの意見を聞かなきゃ行けないでしょ!自分の表現ができないでしょ!」

なんて息巻いていた大学生の卒業の頃の話。僕は「ファインアートにいくんだ!」とか言って。
僕はまったく何もわかっていなかった。結局なんなんだろう?「自分の表現」って。そういうのは何年も何かとすりあわせていないと行けない。生意気で頭でっかちでどうしょうもない。それが全くわかっていなかった。今もそれほどわかっていないのでは、、、と不安になるがずっと探し続けなければならない。大学を卒業して、ぼくの親しい友人はデザイン会社に入り、ぼくはふらふらと、居候をしていたりして、出会いにより、音楽の道に足を踏み入れることとなる。そして当分自分の表現とは別の、自分勝手な、そして気分屋的なことをずっとしていたと振り返る。

ほんと、まったくわかっていなかったなあと今になって思う。
その大学の友人と、機会があれば、よく会ってはいたのだが、今回「期待」のいろんなデザインを満を持して頼んだ。彼は、倉林哲也の「茶虎食堂」アナホールの「泥笛」と素晴らしいデザインをしていたのを横目で見ていて、ようやくホライズンで頼むこととにした。あまりにも近すぎたからか、ずっと依頼していなかった。今回ほぼ初めて(いろいろ小さいことはあったが)打ち合わせして、やりとりして、今もずっといろいろ打ち合わせをしている。
このシングルの作業をしているうちに、彼の仕事というのが、凄まじく信頼ができることに感動した。デザイナーってこういう能力高まるの?というくらいしっかりやり取りもしてくれるし、莫大な仕事量を、朝飯前といわんばかり、パターンを何点か見せてくれる。何よりも誠実である。あたりまえだが、デザインで仕事をしているので、こういう作業はずっとしているのだろうが、アートワークのプロと仕事をしたのは多分初めてである。多分徹夜したんだろうな〜って後がくっきりとわかるくらい細かいところをチェックしてくれている。捨て作業をしてくれている。「どれがいいかな?」と何パターンも見せてくれる。捨てていったデザインがすべて、本チャンに注ぎ込まれている。
ばしっと仕事をしてくれる。ビデオ君なんかにも言えるが、たくましい。
バイエルンのソーセージくらい、たくましい。
こんな人と一緒にやりとりができる喜びを感じながら、一緒に進めていっている。
上のデザインではわからないと思いますが、是非購入して、中のデザインを見てください。
500円では全く採算はあわないが、皆さんに届けば良いと思っております。
本当に手にとって、CDの棚に並べて欲しい。

やっぱりプロというか、その道の人は違うな。と思っている。こだわりがある。
こだわりといえば、小田島さんのエネルギーも凄まじい。小田島さんにも今回いろいろと関わらせていただいているが、パパみたいな感じでホライズンのことを可愛がってくれる。嬉しい限りなのだ。
小田島さんのことについてはまた今度書こう。


僕なんかは、まったくさわったこともない素人なので、まったくデザインができない。
毛も生えていない。やっぱりそこで命を燃やしている人にはかなわない。
デザインをしすぎもよくないよね〜と大学の友人は言う。
なるほど。と思う。ギターソロを弾きすぎて、おなかが満腹になる感じだろうか?
おなかが満腹になる感じと言えば、料理も「うまいのつくりまっせ〜〜」と
自信や「ほらうまいだろ?」とそういう人間の「どうだ」というものは食べにくかったりする。
「いやらし〜な〜」という感じだ。
ぼくはそういう「引く」という作業ができているだろうか?今の活動において。
と考えたが、どうなんだろう?観点が少し違うから、何とも言えないが。
ライブにおけるパフォーマンスは全身全霊の感じだが、いろいろ押し引き部分はある。
でもまだその域には達していない。

大学の友人、島田と同時に、ゴロゥちゃんという方と最近、一緒に物事を進めていった。
このかたも本当に仕事に責任感があり、ブレなく、センスのある方で、一緒に仕事をできたことを光栄に思っている。とくに文字の感じがとても好きです。

最近この2人と仕事ができている喜び。プロは違うな〜と熱量も上がる。
本当に信頼できる人たちこんな人たちと一緒に仕事ができることを勲章のように思っている。ほんと、かっこいいです。2人とも。

この2人しか知らないから信頼できないデザイナーを知らない。
もっとだらしない人もいるんだろうな。ほんとすごいです。
下記ゴロゥちゃんがつくったデザイン。(絵は僕が描きました)
b0209827_21534822.jpg

b0209827_256399.jpg



3月3日に阿佐ヶ谷rojiでイベントをやります。ひな祭りなので女性しか出ません。
女性だけのイベント。(司会者に河合一尊/厚海義郎)とここも熱い!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
明日は倉林さんに触れてみます
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-02-14 00:01 | くろおか
<< 倉林哲也というおとこ コメントを書いてくださった方々... >>