地平線と山が重なりあう日

東の空では若者が自由と戦ってるのに原宿ホコ店通りじゃ自由をもてあそんでる

街何もかもがきらめいている

原宿から青山を通り抜け外苑前まであるく。新しいイメージと刺激の先端がみちばたに見える。とはいえこれは大分練られたものなんだろうなと密かに知っているが、刺激に食あたりする間もなく、ジャケットの打ち合わせ場所に行く。ワタリウムでローラオーウェンズの画集があるか調べてもらったが、なかった。ざんねん。
きらびやかだなぁ。久しぶりだ。昔歩き回った街を歩く。できることなら是非ゆっくりとデートしたい。最終目標はキルフェボンだ。

キルフェボンのケーキを食べにいこう。
ああ!非日常を味わいにいこう。

そいつが日常になってしまうなら、もうそこには行かないよ。
加藤休ミさんの展覧会にお邪魔する。最終日に間にあって良かった。どんどんやってもらいたいです。
帰り道、歩いた。また歩いた。夜になっていた。店はしまっていた。この道は何度も間違えた道!もう間違えたりしないだろう。間違えたらタクシーで家まで帰ろう。なんて非日常なんだろうか?

でも残念ながらその金はない。あるけどそれをしてみれば罪悪感だけのこるだろう。いやこのさい、そうしても面白いかもしれない。いやまて、それはそんなに面白くない。


あ!アウディだ。このままこれをローンくんでこの車運転して帰ろうか?キラキラ、キラキラ。今の車はどうする。帰ったらびっくりするだろうな。怒られるだろうな!無駄な買い物して。無駄なローンに。しかし僕は酔っ払っている。購入できたとしても、運転はさせてもらえないだろうな。なにより免許がない。

夜出会うものはそういうものだ。出会いより自分の感情と感じ方に楽しみをおいてる。このような想いがうまれる道が道なんだ。

そして唯一あいていたタワレコの光の中へすいこまれる→タワレコの夕べ→
在日ファンク
星野源

気になっていた岡村靖幸をyoutubeで見てしまい、もう2時間がたってしまった。

本家じゃないけどすばらしい にやりとしてしまう

[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-23 02:35 | くろおか
<< はたらくおっさん つくるひとの態度 >>