地平線と山が重なりあう日

あけました 

2011年は怒濤のように過ぎていきました。31日から実家に帰り、怒濤のように、ごちそうを食べて、ぐーぐー疲れをとるサイヤ人の如く、寝さしてもらいました。そしてまた家にとんぼ返りしました。カウントダウンを聴くこともなく、21時に寝て9時に起きた。いつの間にか年は変わっていた。

ということで、2012年がはじまった。結構この区切る感じは好きですね。覚えていることから、書こう。12月30日、rojiで忘年会。8曲くらい、なにがあっても良いようにもっていく。(片岡信がいたらこれをやろう、、、とかね)みんなすぱすぱいくので、僕は、3曲カバーを歌った。全部見て7時に帰った。7時に帰って、家でねている友人達と年末最後の朝日を見に行ったりした。オールナイトのrojiのメンツがどの人もすばらしかったのは言うまでもない。スカートが頭にこびりつき、スカートの「返信」という曲のリフがずっとなっていた。なんだあのカッティングは!しかし、ほんと「帰ってから聞きてー」となる曲ですな。あとは、高城君が歌った「大停電の夜に」をみんなで合唱したことが、気持ちよく、この曲がさらに好きになった。サビのところなんていうてるんだろう?life for life life for life か?いいな。王舟が曲終了後、「いい歌書いたなー」ととなりでステージに叩き付けていたのが素晴らしかった。最後に伴瀬がしめてくれました。倉林チェロではじまり、途中、イッソン→くろおか、伴瀬で締め!!って「ホライズンの人ヒマなのか?」と思われるかもしれないくらいに集合した夜、素敵な夜に違いなかった。ビーサンさん、アツミさん、ハラさん、夏目さん、mmm、ほんと、素晴らしい人たち。またお客さんにもいろんな人がいて、嬉しかった。また今年はいろいろ絡みたい。クラブイベントもしっかり盛り上がっていたな。videotapemusicはすごいよ。
rojiありがとう!その中でも、僕の中で印象に残ったのは、橋本翼だ。かれは気持ちよく酔っぱらっていた。ああいう、潔い酔っぱらいを最近みることが少なくなった。最近とあるガードマンの人と「最近は汚物(ゲロ)が少ないんですよ」という話をちょうど先日していたこともあって、橋本翼が気持ちよく見えた。たしかに最近ゲロをはいている人をみない。すごい悪いことをする奴らがいない。よっぱらって「あの人サイテー」と言われるような人を見るのがすくなくなった。もう少しいてもいいだろうとおもっている。ぐでんぐでんになって場を乱すような人がいていいと思っている。そういう訳の分からない要因がすくなくなると日本はおかしくなるに違いないと思っている。まわりにいると、嫌ですけどね。とはいえ橋本君がゲロははいていないが、気持ちよく酔っぱらっていたのをみて、素敵だなと思った。みんなも酔っぱらってくださいよ!警察に連れて行かれるくらいに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、年があけて、1月1日。僕は、何もかいていない年賀状をようやく書きはじめた。ごてごてになってしもうた。かいている途中に、ビーサンの「one day calypso」をかける。いい曲だ。いい音だ。と思う。2011年はこの音にあまりなじめなかった(音質)なのだが、そんなことはないなーと思う。音楽を聴きながら作業できるというこの感じがとても好きだ。今年はよく聴きそうだ。年はあけた。

リアルタイムでみたかった→http://youtu.be/ZrNffyuCFik
[PR]

by horaizunyt2 | 2012-01-02 02:28 | くろおか
<< 髪と二郎 先日のライブ >>