地平線と山が重なりあう日

とんちの会

今日はとんちプレゼンツのカラオケがあった。

17日、18日の準備の中、この試練。試練ではあるが、これはやってみたいことだ。ということで、14日の深夜から15日ぎりぎりまでカラオケのオケつくり。なんでこんなぎりぎりになってしまうのだろう。ま。だらしないからですな。

とはいうものの、カラオケとはいえあなどるべし、皆さんリキ入っていて、トラックを自分でつくっている方、センスが垣間見えた。表現、みせ方は、各それぞれの色が出ていた。そして俺はミュージシャンなんだ!ということを、皆様に最大限にみせつけられました。生き様をみるというか、サブワークの中に魂を見ます。そう思います。だから、だらしないもののやっちゃうんですよね。


個人的な意見→

厚海義朗 トラックがすごかった。センスの切れ端が垣間みれました。素敵です。
今井次郎 国宝的芸術家。次郎さんはいつも個人的にフランスの匂いがします。フランスのアンデパンダンというか。
MC.sirafu こういうカラオケのいれ方もあるのだ。歌詞の内容がすばらしい。キレが素晴らしい。
オラリー 一発目に歌ってくださいました。最初に空気をつくってくださいました。
片岡シン 30ドルの買い物は素敵で、何がおこるか最後まで、お客さんの想像力のはいる余地を残してくれています。う〜ん。勉強になる。
倉林哲也:中継 変な人ですが、うんうん。そういうのあるよねと、自分の思い出に触れました。とんねるず「情けねぇ」のクダリ
黒岡まさひろ おしゃれ
高橋翔(昆虫キッズ) 途中で止めたところがカラオケという「ある場面」を思い出させました。
ハラカズトシ 渋すぎるぜ。ハラさん。
伴瀬朝彦 うますぎるぜ。一人だけカラオケじゃないクゥオリティー。
ヤマナカサン(アイラヴエー) 円盤に一番あっていたのでは、と思います。というか、この人すげー。新しい才能を見てしまった。


関係ないけど、名古屋のストーリーテイラー
ジョンのサンとHADAの東京遠征物語~序章~→http://youtu.be/K4Mq-UPP8rk
[PR]

by horaizunyt2 | 2011-12-16 03:34 | くろおか
<< 風呂に入っている時、こんなこと... とんでけ球児 >>